にんにく味噌床

c0013922_22402778.jpg



これも前回書いたNHKの生活番組で紹介されたもの。
テレビでこの「たれ」の使い方を紹介されると
まだ作ってもいないのに、
「にんにく味噌床」を利用したいろいろな料理を想像して幸せになった。

超簡単に作れるけれど、利用するまで、ちょい時間が掛かる。
だけど梅酒ほどじゃない。わずか10日。楽しみに待つのにちょうどいい。

材料
味噌(麹味噌がいい。二種類混ぜてもいい)500グラム
日本酒(料理酒じゃなく純米酒を使って欲しいな)2分の1カップ
にんにく一房(皮をむいて半分に切る)

作り方
材料をよ~~く混ぜて密閉容器などに入れる。
出来上がり!
あとは10日から2週間ほど待てば熟成♪

これでお終いではない。
二週間経ったら最初にこの味噌床に漬け込むものがある。
それは・・牛のタタキ。

これはしっかりメモしそこなったけれど
あるHPに載っていたので、それを参考にさせてもらった。

タタキ用牛肉200gを水1ℓ酒4分の1カップを沸騰させた所へ入れて、
中火で5分ゆでる。
水分を拭いて荒熱を取ったら味噌床に漬けて一晩待つ。

この牛肉のエキスが味噌に染みて
後からつけるいろいろなものの味がプラスアルファになるんだそう。

漬けるものの紹介の中に、野菜は勿論だけど
卵の黄身(からすみみたいになるんだって)とか
チーズ(スモーク風になるそうな)
などあって、是非試してみたいなと思いました。
あと、これを味噌汁にしたり、ドレッシングの材料に加えたり・・
冷蔵庫に入れて、少なくなったら足すだけ、これも有難い。

きょう、味噌床を作ったから、牛の味噌風味を食べられるのは二週間後?
ふふ、楽しみだなあ♪
[PR]
by dansantokamisan | 2006-07-02 22:43 | うちごはん・うちカフェ