コタがイッパイ・・・




コタの

おとうさんとおかあさんです

2010年6月撮影

野良ちゃんなのに両親がわかっているコタです
c0013922_17340721.jpg



5人兄弟でした。

どこかで出産したあと

一匹ずつ、うちの裏庭に母親猫が運んできたのです。

この頃からおかあさん猫は具合が悪かったんだと思う

そのうち、お父さん猫が子猫をどこかに連れて行ったのか・・

いつのまにか、子猫は2匹だけになって・・

その頃の話は、
ここで散々書いたっけ。

瀕死の母親猫をうちで看病して看取って・・

そんな
イキサツも書いたっけ・・・今、しみじみ読み返しています


c0013922_17335870.jpg





c0013922_17341544.jpg


そうして、私は母親猫に

2匹を託された思いで、小さな子猫を

我が家の家族に迎え入れたんです。

コタとコジです。

2010年7月の事です。



c0013922_17342126.jpg



そうして

コタとコジは我が家の一員になりました

先住のシロは、始めのころは、なかなか新参者を受け入れがたいようだったけれど

コタの屈託のない性格がまとめ役になって

いつのまにか、三匹が仲良くなれたの・・今でもコタに感謝。




c0013922_17343381.jpg




コタの記事・・・

さっき、始めからずっと読み返していました。

やっとやっと読む気持ちになれました

コタの写真・・きょう、見ると決めていました。

今まで見ることができませんでした。




c0013922_17343943.jpg


今までいろいろな猫達の最期を看取った私ですが・・

コタの時のことは・・きつかったです。

今でも思い出すと正直きついです。







c0013922_17355105.jpg
だけど

「ボクもボクも」とヤキモチ焼きで

自己主張の強かったコタだから

きょうをこのまま過ぎてしまったら

「僕の事忘れちゃったの?」って言うに決まってるから。






c0013922_17355702.jpg
最後の日の事は書けないけれど

でも、忘れてないよ・・って

画像をたくさん貼ることにしました。

みんなブログでコタの事を書いた時の画像だよ。



c0013922_17360436.jpg


今だって、コジの身体をなでる時

コタを思い出すよ。

コジを触ると、必ずどこからか飛んで来て

「ボクもやって」と鳴きながらコジの横に寝そべったもんね。


ダンボールを見るとコタを思い出すよ。

ガジガジかじっていたもんね。

今でもコタの歯形の残ったダンボール、あるよ。





c0013922_17361367.jpg



コタには

ゴメンナサイの気持ちがイッパイで

後悔もイッパイで・・

他の猫達にも多少の後悔はあるけれど

でも最期を看取ったという、

天寿を全うさせたという想いがあったけれど・・



そんな風に思っても仕方ないと判っていながら

一年が過ぎました


たかが猫・・そう思う人もたくさんいるんだろうな


c0013922_17362182.jpg


きょう、

コタの画像をこうやってまともに見て

コタの記事を、やっと読むことができて・・

私の中でなんとか整理ができるかな

コタの写真を額に飾れるかな。

他の

我が家で看取った先輩猫達の写真と一緒に。


c0013922_17362869.jpg





c0013922_17370390.jpg

この写真、昨年の7月26日に撮ったものです

いつもこうやって寝そべって・・


この日から二週間後には天国に行ってしまうなんて・・


なんで気がついてあげられなかったんだろう・・


いかんいかん、もうそういう事は思わない。


コタ

今でもコタの事忘れてないから。


c0013922_17371227.jpg



8月10日

コタが糖尿病による多臓器不全で

僅か5歳で亡くなって、

一年が経ちました。





[PR]
トラックバックURL : https://dankami.exblog.jp/tb/25885532
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dansantokamisan | 2016-08-10 07:00 | 猫のいる風景 | Trackback