四季折々 ゆのはな

今まで紹介した「美味しいところ」は

どの店も福岡や鹿児島の有名な繁華街にありましたが

ここはちょっと違って・・

もしかしたら「どこ?」っていう場所かもしれません。

だから・・これは「番外編」です。

・・・・・・・・・・・・・・・


ランチタイムが2時までなのに

(直前に)予約したとはいえ、

ギリギリの時間に店についた私たちを

嫌な顔ひとつせず「おもてなし」をしてくれた

小さな田舎町の小さなお店です。

鹿児島中央駅から、鹿児島本線に乗ってノンビリと20分

「湯之元駅」という小さな駅に降り立った私達。

九州の美味しい処の紹介の最後は

この街にあるお店「四季折々 ゆのはな」です。

c0013922_16030201.jpg



c0013922_16025526.jpg



c0013922_10450774.jpg



c0013922_10450094.jpg




さほど大きくない店内は、

ランチを楽しんでいるお客さんが

まだ沢山います。

多分、地元で人気店なのでしょう。


確かに・・予約の電話の感じも含めて

びっくりするくらいきちんとしたお店で。

ここを決めたのはダンさんです。


この旅では、思えばダンさんが現地で決めたお店が

ことごとく「大当たり」でしたね♪

ここもまたしかり。



c0013922_10445261.jpg

入り口近くに大きな釜が・・炊き込み飯のお釜です。


ランチタイムのメニューは

「おまかせ懐石」の一種類のみ。

1300円なり。



ほどなく、もって来てくれたのは・・







c0013922_10442370.jpg

ちょっと判りにくい画像だけれど

上に行くほど大きい重箱!




c0013922_10441687.jpg



炊き込み飯に汁物

茶碗蒸しに焼き物


c0013922_10443819.jpg
新鮮なお刺身




c0013922_10443092.jpg

オクラやナス、アスパラなど季節の素材を

優しく丁寧に調理した目にも美しいおかず



c0013922_10444668.jpg
そしてデザートのケーキと飲み物


慌てて決めて、タクシーで駆け込んだお店だけれど

こんな素敵なところだったなんて、ダンさん、鼻高々でした。


ここは湯の町。

ひなびた街ではあるけれど、上質な温泉が滾々と湧き出て

いくつもの日帰り温泉も、いくつかの温泉民宿もある街です。

人もみな素朴で温かで優しい街です。


そんな街にある「ゆのはな」

機会があったら、温泉と共にいかがでしょう(^^)



新幹線の停まる鹿児島中央駅から

JR鹿児島本線に乗って、のんびり旅で20分


そこに降り立つと

何もないけれど、温泉と自然に恵まれた静かでのどかな街と

そこに住む

暖かくて優しい人達が迎えてくれます。


c0013922_16024959.jpg





c0013922_16024389.jpg











ゆのはな




〒899-2201 日置市東市来町湯田3073-7

099-246-6366

11:30~14:00
18:00~21:00

[日] 11:30~14:00

月曜定休

[PR]
by dansantokamisan | 2016-07-18 08:05 | そとごはん・そとカフェ