ホテルそよ風

 


今まで何度も何度も書いたけれど

オリンピック道路が出来てから、急に「御近所さん」になった白馬。

その白馬で昨年泊まった
「まるいし」がとてもいい宿だったので

それからは極近の「白馬に泊まる」のもアリだと思うようになった。

アリどころか、むしろ、遠すぎるより近いほうが楽。

仕事が半日あって午後から出かけてもゆっくり間に合っちゃう・・とかね。


そう

今回は午前中、ダンさんは休日出勤。

帰って来てから、ふらりと・・そう散歩気分で出かけた。



「ホテルそよ風」

じゃ〇んの

泊まって良かった宿・食事が良かった宿(甲信越ホテル部門2016・3)

共に1位の宿。


こんなに近くに、こんな評判いい宿があるんだから、気になるよね。


実は前にもちょっとドライブがてら、そのホテルの前を

ソロリソロリと偵察した。

ちょうど、オーナーシェフが外に出てきた所で目が合った。

(オーナーシェフは記憶になかったらしいけど)

そういう宿は大体、縁があると思い込む私です(~_~;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

白馬は行く度に

この山々が両手を広げて迎えてくれるから好き

何度撮ったかわからない

撮ったものを見る度に

実際はもっと素敵

こんなもんじゃないよ、圧倒されるよ・・と思う



c0013922_07472836.jpg

ちょっと寄り道して

偵察した道とは別のルートで行ったら

道に迷って(実際は非常に分かりやすいところ)

二人で喧嘩しながら宿に着いた(爆)

そういう事もあらぁな(^^ゞ


でも、宿に着いて、ホッとしたら

即、気持ちが切り変わった。

そういう事もとっても巧くなった^m^


c0013922_07474524.jpg




c0013922_07475124.jpg


建物の画像はダンさんが翌朝の散歩で撮ったもの




c0013922_07475850.jpg




c0013922_07481006.jpg


あ~!猫チャン♪朝の散歩かな

宿紹介とは関係なくても

思わず撮ってしまうんだね♪ダンさんも^m^

c0013922_07481563.jpg



時系列は

チェックインの時に戻って・・


玄関を入るとフロント、エントランス、ダイニングがワンフロア

オーナー御夫妻が

笑顔で出迎えてくれます

まだお二人ともお若い♪



c0013922_07482234.jpg


一角にパソコン

自由に使えるらしいです
c0013922_07482767.jpg






c0013922_07483388.jpg

二階の客室に向かう階段から見たエントランス&フロント



c0013922_07483959.jpg

二階には6部屋






c0013922_07484544.jpg

階段を上がった部分には小さなくつろぎコーナーと



c0013922_19580476.jpg

小さなライブラリー


c0013922_07485085.jpg

部屋までの廊下の壁の飾り棚には



c0013922_07485719.jpg

小さなかわいらしいグッズが

ちょこんと飾られている。

案内された部屋は一番奥の角部屋201号室


c0013922_07491266.jpg

部屋の入ると

オレンジの香りのアロマを焚いてくれました。

小さな冷蔵庫にはビールとお茶が。

お会計は帰りにフロントで自己申請です。

そういえば、館内に自販はなかったと思います。





c0013922_07494518.jpg
画像にはないけれど

ユニット式のバストイレがあります。

シャンプー、リンス、ボディソープはDHC製のものが。




ベッドのスプリングも硬めで寝心地良かったです。


c0013922_07500147.jpg



お風呂に入りに行く時に

階段の踊り場からダイニングを見る。






c0013922_07501894.jpg


薪ストーブをこんな真上から見るのって初めてかも^m^

このダイニングで、評判のお料理を食べるんだね。

きょうは何組なのかな。

今のところ、私たちだけ。

ダンさんはテーブルの位置から組数を推測する・・

果たして合ってるか?^m^

c0013922_07501211.jpg





お風呂は露天風呂がひとつ。

空いていたら入れる仕組み。

階段下にいる人魚さんが鍵を持っていたら借りて入れます。





c0013922_07502431.jpg




c0013922_07503084.jpg
ドアを開けて




c0013922_07503642.jpg

外廊下を渡り


c0013922_07504242.jpg


別棟にある扉を開け、中から鍵を掛け


c0013922_07504813.jpg


脱衣場に。

ガラス戸の向こうが洗い場で

露天風呂との間にもガラス戸があります


c0013922_07505499.jpg





c0013922_07510009.jpg

露天風呂といっても外との仕切りにガラス戸があるのは

寒い白馬の冬の対策でしょう


c0013922_07510633.jpg


小さな湯舟だけれど、二人ではジュウブンです。

ここ、非温泉と書かれていたので、

そのつもりで来たのだけど

その割には、入った時の肌感が悪くないの。

思わず、手にお湯をすくって匂いを嗅いでしまった。

温泉じゃないはずだけど・・でも、ただの水道水なのかなぁ・・

少なくても、うちのお風呂とはお湯が違う気がして仕方ない。


でもさ
温泉が少しでも投入されてれば「温泉」と謳うはずだろ?

って、ダンさん。

そうなんだけど・・気持ちのいいお湯です・・


                    その2に続く



[PR]
by dansantokamisan | 2016-05-01 13:22 | 宿泊記(ブログ版)