白雲莊(再々訪)その1




三度目の白雲莊に行って参りました♪

一度目はいつだっけ・・HPの宿泊記を見てみたら・・

24年の11月の事でしたね。



あの時、

白雲荘の支配人(兼シェフ)安藤さんの、素晴らしいお料理とお人柄に惚れてしまって・・

その翌年の5月に再訪して記事を書きましたね

その後、安藤さんが転勤で「コロシアムイン蓼科」に移られて

私たちは、そのホテルに安藤さんのオッカケをして行きました。


それが昨年の秋のこと

その時に、安藤さんと

白雲荘の話題にもなり

「白雲荘にも是非またお出かけください」と言われ

私たちも

社交辞令ではなく「はい、必ず!」と約束したのです。

今回、その約束が、やっと果たせました。

「約束」だなんて、大袈裟?^m^

そうかもしれないけれど、でも私たち、意外に律儀なのです(笑)

でも・・行って本当に良かったです♪

新しい白雲莊も、やっぱり素敵な白雲莊でした。

今回は「館内編」や「温泉編」は

(今までと変わらないので)簡単にして

「食事編」の部分を中心に宿泊記を書こうかなと思います。

お宿の情報としての宿泊記は以前の記事を読んでくださいね



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






久しぶりの奥飛騨です♪

c0013922_16515413.jpg

トンネルを出ると

「奥飛騨に着いた~♪」と思うのはいつもの事だけれど

今回は本当に久しぶりなので感激の度合いも濃い^m^
c0013922_16521025.jpg

あ、トンネルの通行料金が少し値上げしてる・・それも知らないくらい

長いこと、ここを通らなかったってことなんだね


c0013922_16521772.jpg

幾ら久しぶりでも

ダンさんにとって、目を瞑っても道がわかることに変わりありません

スイスイ~っと、まるで御近所の道を行くかのように走る^m^

私は

久しぶりの奥飛騨の景色を、助手席で楽しみます

「あ、あの民宿、昔、立ち寄りで温泉に入れてもらったね。

まだ、あのお爺ちゃん、健在かな。」


「あ、あの宿・・なんか静か・・もうやってないのかもしれないね」

「この道で、猛吹雪で立ち往生したことあったね」

なんだか、色々な事がよぎります。奥飛騨・・やっぱりいい所です。
c0013922_16522560.jpg

今回は(今回も・・かな?)

目的は「お宿」

だから、まっすぐに今宵のお宿「白雲莊」に向かいました。

午後3時ちょうど。

駐車場にはまだ一台も車が無いから、もしかして一番乗り?

(実際は二番手だったみたい)

懐かしい白雲荘の玄関に。
c0013922_16523295.jpg

懐かしい人がニコニコと迎えてくれました

と、言っても、当然ながら安藤さんではありません。

最初に宿泊した時からの男性のベテランスタッフさん

「お久しぶりです」


c0013922_16552223.jpg
ちっとも変わらず。


c0013922_16555855.jpg

c0013922_16554956.jpg

初めての訪問ではないから

宿泊者カードは名前を記入するだけで

すぐに二階の客室に案内してもらいます。



c0013922_16523893.jpg

客室は201号室「槍ヶ岳」

二階の一番奥の角部屋でした




c0013922_16524512.jpg

c0013922_16550953.jpg

c0013922_16560996.jpg

部屋で一休みしてから


さっそく、温泉に。

この予約ボードのシステムは本当にヒットです。

5つもある貸切温泉だから、殆ど待つことなく入れるのだけれど

そこに加えてこのシステム

ストレスがゼロで、その分、ゆっくりした気分で入れるのです。

(システムの詳しい説明は初回の宿泊記で)
c0013922_17380651.jpg

c0013922_16561601.jpg

奥飛騨に行くときには

大体途中で、何か飲み物(お酒類)を買っていくのですが

今回は、どこにも寄らず、まっすぐに宿に来てしまって・・

この宿、自動販売機って、あったっけ?

お風呂上りに探したら・・自販ではなく一階の冷蔵庫の中に

ビールや飲み物がありました

カードに自己申告してチェックアウトの時に支払うシステム

ただし冷蔵庫の中の牛乳は、一人一本ずつ、宿からのサービスです
c0013922_16562466.jpg

冷蔵庫の上には

おつまみやカップ麺など軽食も売られていました・・

が、これからの夕食の事を考えると、

絶対に食べないで我慢しましょう^^;
c0013922_16563195.jpg

そうは言っても

お風呂上りのビールくらいはね~・・

牛乳も折角いただけるんだからね~・・
c0013922_16564064.jpg

c0013922_16564942.jpg

おつまみは「お着き菓子」で(^^ゞ
c0013922_16565747.jpg

夕食まで、時間があるので

(夕食は6時からを、朝食は7時半からをチョイス)

温泉にゆっくり入ってノンビリ過ごします。


その間に

何組も宿泊客がチェックインしています

相変わらずの人気宿です・・ちょっと嬉しくなったりして。


c0013922_16570746.jpg

そして

6時・・夕食の時間です

私たちだけでなく多くのお客さんが、きっとこの夕食を楽しみに来ているはずです

さてさて、新しい白雲莊の「食事の時間」は?

                      続く

[PR]
by dansantokamisan | 2015-05-28 12:27 | 宿泊記(ブログ版)