ホテルおもと(1) ちょっと硬め文章でプロローグ(^^ゞ

ダンさんの代休(休日出勤をした代わりに休みを取ること)が決まったのは

わずか一週間ほど前の事。

「温泉に行こう」と言われ、それから慌てて宿探し・・

平日なので、今まで行きたかった宿の空き室もあった事はあったけれど

予算の都合と時間的な都合と、それに個人的な都合?とがあってここにした。

場所は浅間温泉。大正解。

満足したから・・では勿論あるが、それだけでなく・・・


宿泊したのは2014年2月7日。

え?日付を明記するなんて、ダンカミ宿泊記始まって以来じゃないかって?

はい、その通り。


宿泊した翌日、2月8日は全国的に大荒れで関東甲信越でも記録的な大雪

交通機関もマヒどころかストップ、高速道路も閉鎖された一日だったのは御承知の通り。


もしも、もっと遠方の宿に行っていたら、翌日の帰途はどうなっていたか(^_^;)

近場の浅間温泉のこの宿に決めたのは幸運だった。



ホテル「おもと」

浅間温泉にある昔ながらの宿です。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


浅間温泉は、以前宿泊した「御宿石川」のある美ヶ原温泉の隣に位置する。

美ヶ原温泉は、小さな宿、個人経営の宿が多いイメージが有るが

浅間温泉は昔からある比較的大きな宿・・団体客中心・・

そんなイメージがある。


浅間温泉の中に入ってナビで目的の宿をさがす。

昔からの温泉街独特の、狭くて坂の多い道路。


「こんな所で車に出くわしたくないねぇ」と思いながらウロウロするが

平日のせいか、車はおろか人も見掛けず、

ノロノロ運転をしても後ろからせかされる心配も皆無。



ナビの案内で着いたのは「ホテルおもと」の裏側だった。

多くの宿の裏側は、舞台装置の裏側と同じで、見ないほうがいい。


玄関のある表側に回る。

さらに道路が狭く急坂になっている。

ただ、玄関前まで車を乗りつけられるような作りにはなっているし

宿のHPでも、玄関前まで車で来て欲しいと書いてあったので、

スタッフが駐車場まで車を移動してくれるシステムなのだろう


チェックイン時間にわずかに早いので、場所の確認だけで通り過ぎたら

すぐそばにホテルおもとの駐車場を見つけた。


歩いても1分くらいの場所だったので、そこに停めて時間を待つ。

駐車場から、今日の宿ホテルおもとの外観を見上げる。

8階建ての古い建物。

外観だけ見る限りは、洒落た・・とはお世辞にも言い難いけれど、

団体客中心だった頃に全盛期だった温泉街の宿としては想定内・・

ごくごく当たり前の外観だろうと思う。


それでも、

時代の流れを読んで個人客の獲得に向け、

内装をはじめ、様々な努力をしている宿も少なくない。



今回宿泊する部屋のあるはずの7階を見上げながら

この宿もそういう宿だといいと思う。


3時5分前

そろそろ行こうかと車を降りた。

                          続きはこちら


c0013922_14361192.jpg

[PR]
by dansantokamisan | 2014-02-12 09:20 | 宿泊記(ブログ版)