四世代家族旅行♪

c0013922_1401687.jpg


前々から、ぜひ実現したいと思っていた家族旅行。

みんながそれぞれ温泉が大好きなので、

娘夫婦と私たちの旅行息子夫婦と私達の旅行、

母と私の旅行、母と娘と私達の旅行はしたけれど、

みんな揃っての旅行は初めて。


今回、父のこと(5月に他界)も落ち着いて、孫のSOUもだいぶ大きくなったので

思い切って計画を立てました。

なんせ小さな子供(赤ん坊?)を連れての宿探しは結構大変です。

今では受け入れてくれる宿が殆どですが、

それでも他の宿泊客にできるだけ迷惑をかけないように、結構気を使います。


だから貸切のお風呂があるところや、部屋食のところと・・

なかなか条件が大変なのだけれど

今回すべてクリアの宿の予約ができました。


箱根仙石原にある「一日一組の宿」です。

一日一組・・それだけで、もう条件がすべてクリアですよね(笑)

気を使う他の宿泊客がいないのですから(^^ゞ


今回は(今回も?)ろくに下調べや口コミも見ないで、

電話でオーナーさんと話して決めて


母が歯が丈夫で肉が大好きな事など伝えて

その日を楽しみに待ちました。



c0013922_11551352.jpg




母は静岡三島出身なので、この辺りは庭感覚(#^.^#)

当日も「箱根湯本駅まで自分で来てくれたので

私たちはそこで母を車に乗せて宿へ直行。





c0013922_11563426.jpg


c0013922_1156598.jpg




娘夫婦とは宿で落ち合うことにしました。

宿のチェックインは4時からなのですが・・

私、さっきも言ったようロクに調べず、3時とばっかり思っていて・・

しかも電話で話した時にオーナーさんが

「30分前くらいにはスタンバイできてますから」と

言ってくれたことだけは調子よく覚えていて(^_^;)

2時半過ぎに行ってしまいました。

それなのに、何もおっしゃらずに

ニコニコと満面の笑顔で迎えてくれた

オーナー(女性)と息子さん

私が間違いに気がついたのは、

落ち着いてから宿のインフォメーションを読んで。

「16時」という文字を見て(^_^;)びっくりしました。


「ごめんなさ~~い!」と平謝りの私に

お二人ともイエイエ良いんですよと・・

この話は、決してチェックインの時間を無視してもいいという意味ではないですからね、

時間はちゃんと守りましょうね。




c0013922_1157258.jpg



外観も玄関も、普通の個人宅の作りです。

初めてのお宅に訪問して、そこの奥様や息子さんが大歓迎してくれる・・

そんな表現が間違いないように思います。


               
c0013922_11574286.jpg


客室は二階にあります。

娘たちは4時半ごろ到着予定なので(携帯って便利ですね、そういう連絡が取れるんだもの・・

つくづく便利な世の中になったなあとアナログ人間は思うのです)

ひと足先に二階に向かいます。


部屋は四部屋。

他に冷蔵庫や簡単な流しやレンジのあるファミリールームが用意されています。

(家族旅行なので、いつもほど具体的感想や画像がありません


冷蔵庫の中には飲み物(発泡酒・ジュース・お茶など)が数本ずつあって

フリーでいただいていいそうです。

(私たちはもちろん、この他、持ち込んだアルコールを冷やしましが・・(^^ゞ)

あ、ここは持ち込み自由です。

(食事のときも)



c0013922_11575970.jpg



c0013922_11582879.jpg


各部屋には、和室には既に布団が敷かれていました。

SOUのための布団もちゃんと用意されていて有難かったです。


トイレ・洗面所も各部屋に用意されています。

広めで清潔。

棚の紙人形はオーナーの手作りかな。


娘たちより一足早くウェルカムドリンクをいただきます。

びっくりしたのは、ウェルカムドリンクのセレクトが幅広い!

母も含めて3人は「とりあえずビール」でした(笑)


(ちなみに夕方、時間通り到着した娘夫婦は「ワイン」

なんとSOUにもオレンジジュースが^m^)



一休みしてから

娘夫婦が来る前に・・

もっとハッキリ言えばSOU台風が来る前に

温泉に入ってしまおうということになりました。


九州辺りにも台風が来ているようで、この付近も雨だけれど

SOU台風に比べたら(笑)

SOU台風が上陸する前に温泉に入ってしまいましょう




c0013922_11584244.jpg



ここは内湯と露天風呂があります。

この周辺では、この宿だけと、オーナーが胸を張ってらした

「源泉かけ流し」

白濁の硫黄泉です

この宿の一番の宝物ではないかしら

一日一組だから、もちろん入り放題です。



c0013922_11585423.jpg



c0013922_12441083.jpg



宿に滞在中、母と入ったり、娘と入ったり・・

源泉100パーセントを堪能しました。

温度調節は自然に任せていて、露天は若干熱め(若干です)

ちょうど到着したときに雨がふって来たので、温度調節がうまくいきました(^_-)

内湯は意外にも温め.

SOUでも入れたようです。


c0013922_11591113.jpg




温泉に入ってから、またビール飲んで

ファミリールームから続くデッキからの景色を楽しんで

ぼんやりと時を過ごします。

もうまもなくSOU台風が到着なので、この静寂は長続きしないでしょう・・







c0013922_11593992.jpg






ほら


SOU様、ご到着です(笑)

c0013922_14472963.jpg


           (注)これはイメージ画像です。
             本人の日常でのルックスを保証するものではありません





この後は、想像していただくのみです

ムードは一変して、すべてがSOUモードにギアチェンジです(笑)


c0013922_11595494.jpg



c0013922_12455462.jpg



だけど、ここは一日一組の宿だから

二階のどこで何をしても、誰にも気遣うことがなくて

SOUだけでなく私達も、リラックスして過ごせました。


それにしても

SOUは益々目が離せなくなったねえ♪






夕食は6時半から。

一階の30畳もあるリビングダイニングで。


この宿は、もともとはB&B(朝食のみ出す宿泊)スタイルが基本のようで

夕食を外食にしたり、買ってきたものを食べるのもOKのようです

v(その場合に、一階のリビングを利用できるのかは不明です)

私たちは、お宿での食事も楽しみの一つだし

母やSOUの事考えても、せっかく宿で私たちだけで食事ができるのだから、と

迷うことなく二食付にしました。





c0013922_1201010.jpg


c0013922_1234776.jpg



そして

時間になってダイニングへ。


洒落た空間で長いテーブルにはキャンドルが灯っていました。


お料理の担当はオーナーの女性。

息子さんが給仕を担当しているようです。


ここは(後からネットで見たら)、決まったメニューはないようで

その日にその宿泊者や仕入れなどでメニューを決めているようでした。



c0013922_1241934.jpg



スパークリングワインがサービスで付くのは定番のようでした♪

みんなで写真を撮ってもらってから「かんぱーい」



この日のメニュー(メニュー表がないので、画像のみ)です

食材を厳選したとかですが、本当にいつもながら書けなくてスイマセン。


c0013922_15265048.jpg
上の写真は・・前菜?
お豆腐やオクラサラダ、枝豆など
食前酒(?)は
日本酒「初孫」
横の肴は塩辛です




グラタン・・蟹グラタン?
容器は蟹の甲羅だけど
蟹は入っていない・・



アボガドとマグロ、イワノリが乗ってる・・
食べてみたらご飯?
「強飯(おこわ)」でした(^_^;)

ナスやキノコなどのスープ
(名前忘れました)と、普通のうどん・・


c0013922_7551098.jpg
あ、もうひとつ
オコワの次に出たもの。
トマト味のジャガイモとニョッキ?
味は・・












c0013922_15252122.jpg
                               SOUのプレート




全体に??なイメージ

でも、今にメインとして肉とかお魚とかが出るだろうと思いましたが

この日のメニューはこれだけでした^^;


でも先に話したように決まったメニューは無いようなので

その都度違うのでしょうから、これは参考にはならないとは思いますが

かなりの物足りなさは否めませんでした(T_T)

お腹が空くことはなかったけれど(よく見ると炭水化物の割合が多い)

もう少し・・いえ、かなりメニューに工夫が欲しいところです




でも

SOUに付きっ切りで世話をしてくれる

我がイクメン君は

SOUに食べさせるのに夢中で、お肉だのお魚だのと思っている余裕は

なかったかもしれません^m^


c0013922_125072.jpg

         SOUは、食べる・・・        食べる            食べる




c0013922_1251230.jpg


                     食った~~!






c0013922_1252591.jpg


デザートと飲み物(コーヒーか紅茶)はコーナーを変えて

リビングスペースでいただきます


その後、これは噂でお聞きしていたのですが

息子さんがオカリナを吹いてくれました。

SOUがいると言うことで「となりのトトロ」

それに私のリクエストで「カントリーロード」


SOUは小さすぎてわからなかったかもしれませんが
素晴らしい音色でした。ありがとう♪


そのあと

この部屋は11時ころまでご自由にお使いくださいと言って退出。


でも私たちは食事も済んだし、SOUも疲れたようなので

二階に戻りました。



翌朝はみんなが

早めに起きて露天風呂を楽しんだり、散歩をしたり・・


朝食は8時半~30分刻みに選べます。

チェックアウトは11時なので10時でもOKだそう。

私たちは9時にお願いしたけれど

早起きしすぎたのと、夕べの食事が軽めだったので、お腹が空いて

8時半を選べば良かったと後悔しました(笑)


そして・・8時ころだったかな・・

オーナーがファミリールームにコーヒーと紅茶を持ってきてくれました。

コーヒーはファミリールームにあるのですが、インスタント。

だから朝のコーヒーは嬉しかったのですが、これもインスタントでした^m^

ドリップだったら嬉しかったなあ

「温泉とマッサージチェアでゆっくりお過ごしください」とメッセージが添えられていました。


c0013922_1210027.jpg




やっと9時になって朝食は昨日と同じリビングダイニング

朝食はこんな感じ。


これに、ジュースが付きます。

飲み物のジュースはいろいろ選べました。

最初、みんなで同じものを頼んだら、みんなの分は無いとの事(^_^;)

で、私は野菜ジュース・・

あと、米粉のパンと手作りマーマレードが中央に。


SOUにも、蒸しパンなどが入ったプレートが付きました。



c0013922_1255872.jpg


c0013922_16281237.jpg






c0013922_1261241.jpg



朝食は洋食・・これは定番のようですが、やはりそのときによって若干メニューが違うようです

夕食と同じく、軽めの印象・・「これだけ?」って言う感想が正直なところ(-_-;)

正直、寂しすぎ・・・





食事が終わると

息子さんが「チェックアウトの時はインターホンを鳴らしてください」と言って

去っていきました。

私たちも二階に上がり
少し休んだ後、仕度をすませてチェックアウト



念願の家族旅行ができました。

お母さん、娘。娘。の相方さん。sou
そしてダンさん

ありがとうね。

またいつか家族旅行しようね。

今度はカナダにいる息子夫婦も・・

そして3月にカナダで生まれるベビーとも、
いつか必ず。


それが夢だな♪



c0013922_126276.jpg
おまけ話

このオマケ話はこの後、二度目の家族旅行に行った後に書いています

初めてみんなで泊まった宿・・クチコミも大変良く、食事にも力を入れている風だったので決めました。

予約のあとも、電話をくれて、

どんな滞在をしたいかとか、どんな目的でこられるのかなど

家族構成や年齢も含めて聞かれました。

勿論、好物も。

(父が亡くなったばかりなので)母を元気付ける旅である事。

母が歯が丈夫で肉が好物である事。

女将さんは「長野はおいしい物が多くて慣れているでしょうから緊張しますわ~」って

仰って・・

それはチェックインしてからも、食事の始まってからも、何度も言われました。

それが、蓋を開けたら・・・あれは一体なんだったんだろ?

他にも実は、いろいろ母も気持ちを悪くしたこともあり・・

正直言うと、珍しく「もういいや」の宿でした。

私、旅行記って後から読んだときに「楽しかった」事を思い出すために書くので

良くなかった宿は基本的に書かないのですよ。

でも、この旅行は、なんせ初めての四世代旅行だったので

やっぱり書きたかった・・・

だから、宿の名前を出さないで、残すことにしたんです。

もしも、なんらかの偶然でこのページを読まれる方がいたとしたら・・

個人的ですが、私はこのお宿はおススメできません。


by dansantokamisan | 2012-09-19 21:30 | 宿泊記(ブログ版)