またまた御近所の白馬に泊まってきました。

「シンフォニー」という、私達が今までチェックしていなかった宿。

白馬には他にも好きな宿や気になっている宿が沢山あるのに

なぜ、ここに泊まったかというと・・



この春、「小日向の湯」に行った時に、

そこでたまたまお話しすることになった奥さんに色々と情報を貰ったと書いたのですが

(
その時の記事はこちら

その時に薦めてもらったのが、この「シンフォニー」だったんです。


小日向の湯に入りながら、いろいろお話して

「やっぱり一番は食事が美味しいところがいいな」

「宿の人の感じも大事ですね」と

選ぶ基準が似てるかも・・とお互い思ったところで

そのご夫婦が「定宿」にしている「シンフォニー」を薦めてくれて・・


知らない宿だったけれど、是非泊まってみたいと思い、行ってきました♪

薦めてくださった「小日向の湯」で会った御夫婦

ありがとうございました。

美味しくて、そしてとても楽しかったです^m^



非日常を楽しんだというより、

ふらりと御近所のうちに遊びに行った感覚^m^

「お料理上手、おもてなし上手のおうちでご馳走になって、

話に花が咲いてそのまま泊まった」

そんな感じの楽しい一泊二日でした^m^

先に言ってしまうと、@9500円(消費税込み)

リーズナブルでコスパの良い宿でした。




c0013922_17003240.jpg

うちから1時間ちょっと。

何度も書いているけれど、昔は遠かった白馬が

長野オリンピックのお陰で道路が出来て、楽々ドライブできる「御近所」になった。


お昼をうちでゆっくり食べて、

旅行仕度らしいことも特にしないで、

ふら~っと出てあっと言う間に到着。贅沢だよね^m^

3時チェックイン。

一番乗り。



c0013922_17003975.jpg

全6部屋のペンション

きょうは週末。満室です。

チャイムを鳴らして入ると、迎えてくれたのは御主人。

物静かなイメージです。

食事の事やお風呂の事など説明されて鍵を貰って

二階の部屋に。






c0013922_17005155.jpg


私たちは「ビオラ」という部屋。

そ、シンフォニーですから。



c0013922_17005793.jpg


「ビオラ」と書かれたドアを開けると、こんな感じ。

(後から撮ったので荷物が置いてあるm(__)m)

ツインのよくあるペンションの部屋・・・

c0013922_17013033.jpg



狭いけどこんなもんでしょ・・と思ったら・・あれ?

そうじゃなくて、視線をベッドルームから右に移すと

ソファやテレビのある板の間があって

それに続いて奥には畳の部屋もある。

思いがけず広い。

c0013922_17011246.jpg




和室のほうに行ってみると、あれ?そちらにも廊下へのドアがある?

そういえばトイレも二つ(ひとつはバストイレ)

そうか・・ここは元々二部屋だったのを壁を抜いてリノベーションしたんだ。



大々的な改造・・というより、二つのドアでもわかるように

床や天井などアチラコチラに

元の状態とリノベーションの過程を想像したくなるようなつくり(特にDIY好きな私は)。
(中尾高原ヒュッテもそうだったね)


宿のHPを見ると

6室が全部タイプが違うようだ。



c0013922_17010356.jpg

和室部分からの画像を撮らなかったので、HPからお借りした。

和室には布団が何組かあるし

寝室にも予備のベッドがあるし。

ここはグループで泊まるのに対応しているよう。
(スキーのメッカだからね)

そこに二人で泊まるんだから、申し分ない広さ。

壁は厚いとは言えないけれど、この広いスペースのお陰で

それもさほど気にならなかった。





どうやら早々と他のお客さんも到着した模様。

早目にお風呂に入ってしまおう。





脱衣場前のスペースに

小さな卓球台と小さな天体望遠鏡。

私たちはやらなかったけれど、

夕食の後、若いカップルがピンポンに興じていたらしく

時々、懐かしい音や笑い声が聞こえてた(^^) 若いっていいな~♪



c0013922_17013617.jpg




ここは源泉掛け流しが自慢の宿。

お風呂は男女ひとつずつでそれほど大きくないけれど

大きな宿ではないから、それほど混むことはないかも。




c0013922_17014362.jpg


男女同じ大きさかと思ったら

どうも女湯のほうが少し大きい?

女性用を撮らなかったので、ここでもHPの画像をお借りした。




c0013922_17015006.jpg

男性用はカランが2つ。女性用は3つ。

男女別れているけれど、午後10時から朝5時までは

どちらも鍵を掛けて貸切で入れる。

そう、24時間入浴可能。

湯は・・極上。白馬の温泉だもの。入るとすぐわかる。


行った日は、この夏にしては珍しく寒いくらいの日だったので

温泉もゆっくり楽しむことができ

その後も夕食まで、エアコン要らずの部屋で

何もすることのない贅沢を味わっていた。

(そうそう、階下にビデオのライブラリーがあって

自由に鑑賞する事もできるみたい・・VHSだよ(^^))





夕食は6時と聞かされていたので

時間ちょうど階下のダイニングへ。

もう二組ばかりのお客さんが席に着いていたけれど

ほぼ同時に夕食が始まった




c0013922_17021499.jpg






c0013922_17022141.jpg

満室と書いたけれど

広いダイニングに上手にテーブルが配置されているので

気になること皆無。


ここはお料理が美味しいと太鼓判を押されて来たので

今日のメインは温泉より何より「食事」

楽しみにしていた^m^








c0013922_17032918.jpg


お料理はどれも期待を裏切らない本当に美味しいものばかり。

今回はお品書きが無くて、ちゃんと説明はしてくれたけれど、

私の能力じゃ再現できず(^^ゞ

いつもそういう時に思うのは

「宿さん、ごめんね~m(__)m」


c0013922_17035034.jpg

でも言い訳になっちゃうけれど

その時にとても美味しくて満足して完食した様子を

宿さんが見てくれてるからいいかな・・なんて^^;



c0013922_17030691.jpg


そうそう

レストランで初めて、こちらの奥さんとお会いした。

少しお話してすぐに関西のかたとわかった^m^



c0013922_17041607.jpg


奥さんに、この宿に泊まったイキサツを

ちょっとお話したら

すぐに「ああ!あの御夫婦ね」って、

おびなたの湯でお会いしたご夫婦を判ってくれて。

こちらの超常連さんですって。




c0013922_17042325.jpg


それがキッカケでいろいろ旅の話や温泉の話

後・・健康談義とか(笑)

いつの間にか、初めてお会いしたのに、すっかり会話が弾み(^^)



c0013922_17042932.jpg

朝食も含めて

美味しいのはもちろんの事

なんとも楽しくて笑いの絶えない時間になった。



c0013922_17043765.jpg




c0013922_17044393.jpg


そうそう

ワインをいただいたのですが

ご主人はワインがお好きと見た(笑)


細かいことは書かないけれど

御主人のワインに対する一言二言の会話で

ダンさんはそう思って嬉しかったみたい(謎)

また来た時に

御主人とそんな話が出来たらいいね。





c0013922_17045015.jpg


お料理は地元の食材の味を活かした

創作フルコース・・っていうのかな





c0013922_17045648.jpg

季節ごとは勿論

その日に依って献立が変わるので

私たちにここを薦めてくれたご夫妻も

ちょくちょくここの食事を楽しみに来るそう(^_^)v

わかるな~♪

シンフォニーのご夫妻も、かなり魅力的なキャラだしね。

また会いに来たくなるよね。


c0013922_17050668.jpg

デザートの前に御飯も香の物もあったけれど

撮るの忘れてしまった(^^ゞ

お喋りに花が咲いてて気がついたら完食(笑)



c0013922_17051374.jpg




朝食は7時と7時半からチョイス


c0013922_19432364.jpg



c0013922_17053314.jpg



同じ席でいただいた朝食も満足

奥さんとのお喋りも楽しくて朝からテンションあがりました(笑)

今日も一日、元気で頑張れそう♪



チェックアウトの時に

ここへ来てから何度目かの

「小日向の湯で会ったご夫妻がここに見えたらよろしく」って。


でも、もしかしたら

ここで再会できるかもね。

そうなったら・・・想像するだけで楽しいね。







c0013922_17054078.jpg


まっすぐうちに帰れば、まだ10時前(笑)

今日一日、有意義に使えそう。

こんなお気楽な「宿泊」が最近気に入ってる。


旅ではなくて

美味しいものを食べにフラリと出かけてさっさと帰る。


非日常は、もっと大掛かりな旅行の時だけでいい。

今は日常を存分に楽しみたい・・・

自分たちの日常が一番好きな二人になっている。


c0013922_17054777.jpg

もう秋ですね

秋の日常は、どんな楽しいことが待っているかな








[PR]
by dansantokamisan | 2016-08-29 20:15 | 宿泊記(ブログ版) | Trackback

偽警告と警告音に注意!

きょう、パソコンでちょっとビビッたことがあったので

書いておかなくちゃ、と思って。


皆さん、気をつけて!の意味を込めて。


ネットでキッズの洋服の型紙やらデザインをみるためにサーフィンしていたら・・

突如、画面が変わって

なにやら

Windowsセキュリティの重要な警告

Windowsセキュリティ&アンチウイルスサービスでエラーが発生しました。

という文章から始まって

なんちゃらかんちゃら・・脅かすような事が書いてあり

詳細は・・と電話番号が書いてある。


それはいいとして

ビビッたのは、画面でひっきりなしに鳴る「警告音」

ピーッピーッと高い音で鳴り続ける。

さすがにちょっと慌てた。


慌てたけれど、わけもわからず弄っては絶対ダメなのは判っているから

ダンさんに電話して、その音を聞かせて、わけを話した。

ダンさん

すぐに「あ、それは弄ったらダメだ。

今、流行ってる詐欺だから
」と。

載ってる電話番号に連絡したり

警告文の最後の「OK」を押したらダメ!

うちの場合は

「強制終了」・・電源ボタンをかなり長押し・・

で事なきを得ました。

あの警告音は聞くだけでパニクってしまいそうになるのだけれど

良く考えたら音声のボリュームを下げれば良かった・・

それだけでも気持ちが落ち着くよね。


ダンさんに電話してすぐに元に戻って安心したけれど

なんせ、こんな詐欺が流行ってるらしいので、

これは書いて注意したほうがいいなと。

思えば、あの変な警告画面を撮っておけば良かった(-_-;)


皆さん、もしも

そういう画面が出たら、まず落ち着いてね(笑)

音を消して。

電源をオフにすれば大丈夫です。

(私は、オフってすぐにまた鳴りはじめたので、再び長押ししました)


[PR]
by dansantokamisan | 2016-08-25 19:35 | とりとめない話 | Trackback

無題


大きなお世話かもしれないと思わないでください。

大きなお世話かどうかは相手が決めることです。

自分が相手を心配だと思った気持ちを大事にしてください。


先日、盲導犬を連れた人が

誤ってホームから転落して電車に轢かれて死亡した痛ましい事件のあと

どうしたら防ぐことが出来るか、私たちに何ができるか・・という内容を

テレビ番組で話題にしていて

その中である人が言っていた言葉。


大きなお世話かもしれないと思わないでください。

大きなお世話かどうかは相手が決めることです。

自分が相手を心配だと思った気持ちを大事にしてください。


慌てて書き留めた。

この痛ましい事件のことばかりじゃない。

私達が人と関わりあって行くときに

このことを心に留めなくてはいけないことが

たくさんたくさんある気がする・・

今までも、たくさんたくさん

あった気がする・・

大きなお世話かもしれないと思わないでください。

大きなお世話かどうかは相手が決めることです。

自分が相手を心配だと思った気持ちを大事にしてください。


自分はどうだったかな・・
自分はどうだろう・・





[PR]
by dansantokamisan | 2016-08-25 09:19 | とりとめない話 | Trackback

子供用リュックサック

やっとオリンピックモードの気持ちが切り替わって・・

いえいえ、まだまだ各テレビ局は、リオオリンピックの感動を

これでもかと特集を組んで引っ張る引っ張る(笑)

そして私もそれを喜んで引っ張られる引っ張られる(爆)

昨夜も内村君の特集を、結果がわかっているのに、

いえ、いるからこそウルウルしながら観ていました。

テレビ局、引っ張るの上手です(^^ゞ

この気持ちを4年後の東京まで引っ張って行って!

・・・・・・・・・・・・・・・


娘からのリクエストで、SOUのリュックを作りました。



SOUのリュックは三つ目になります。

最初は

この記事の時に作った、これ↓と

c0013922_17292095.jpg


その後この記事で作ったアンパンマンリュック↓

これは、後にPATにも作りました。


SOUもPATも大のアンパンマンファンなので

このリュックは大活躍でした。




c0013922_17293255.jpg


c0013922_17295770.jpg


でも、

SOUも年中さんになって、最近はスッカリ赤ちゃんから子供らしくなって・・

背も大きくなりました。

それで

アンパンマンリュックはそろそろ卒業かな・・と。



で、今回作ったのは

一回り大きな、少し本格的なリュック


c0013922_14153835.jpg


c0013922_14154762.jpg



ベビーリュックより製作工程が多いデザインにして

いろいろ想定して作ったので

ちょっと苦労した部分もあったけれど、

なんとか完成♪


c0013922_14155226.jpg

肩紐のずり落ち防止のベルトにちょっとこだわりました。

万万が一にも、リュックを背負ったまま、

どこかにリュックごと引っかかって

その拍子にずり落ち防止のベルトが首を圧迫するなんて事故がないよう

ベルトは縫い付けずに

マジックテープでつけることにしました。

こうすれば、大きな力が加わったら剥がれるでしょ。

荷物が重すぎて、耐え切れずに剥がれたら・・

それは笑って済ませればいい(笑)

ベルトのほうのテープはチクチクしているほう。

写ってないけれど

角を少し切って丸くして有るのよ。

触っても痛くないように。



c0013922_14155842.jpg




肩紐の裏側の柔らかいほうのマジックテープは

ベルトのほうに比べて

かなり大きな範囲でつけました。

(大きな面積のマジックテープが売っているので好きな大きさに切れます)


c0013922_14160409.jpg






こうすると

ベルトの位置も好きな場所にすることができるしね。

SOUが遠くに住んでいて、確認しながら作ることができないので

苦肉の策です(^^ゞ


c0013922_14161188.jpg



今回は裏布もつけてみました。

家にあった洋服用の裏地だから

ちょっと頼りないし、付けにくかった(-_-;)

今度作るときには

もう少しシッカリした、できたら撥水加工の生地を使いたいな。

c0013922_17490048.jpg

明日、このリュックにお菓子と手紙を入れて

SOUに送ります。

「〇〇〇さんからだ!」って喜んでくれるかな?


(SOUはいつの頃からか、私を名前で呼ぶようになりました^m^)


[PR]
by dansantokamisan | 2016-08-24 18:14 | 「自己満足の手作り」の話 | Trackback

ワインフェスタ

昨日は怒濤の金曜日を早目に切り上げて

友人に誘われて、とあるワインフェスタに行ってきました♥


c0013922_09082996.jpg


今年で三回目になるらしいのですが

予約申し込み順200名とかですが、前売り券完売だったとか。

昨年は150名だったのを増員しての完売。盛況なんですね~


c0013922_09083545.jpg
みんなの・・そして私達のお目当ては

なんと言っても「ワインの飲み放題」^m^

たくさんの長野県内のワイナリーのワインが

ズラリと並んだブースに行って

好きなだけ飲めるのです。

参加者の中にはリストを片手に

片っ端から試飲(?)してるツワモノも珍しくなく^^;



私たちは・・というと張り切って行ったのだけれど

昨日はとにかく暑いというか、

昼間から異常なほどムシムシと気持ち悪い暑さで

それは夜になっても同じで、

暑さに閉口しながらのワイン会になりました(笑)

あの蒸し暑さの中では、

ワインをそう沢山飲めたもんじゃないということを知った(^^ゞ

真夏の夜は、ワインガーデンより、

やはりビアガーデンのほうが合うことも知った(笑)


常連(?)さんや、前情報をGETした人たちは

扇子やウチワ、それにお茶やお水も持参して

用意周到にワイン会を楽しんでる方も^m^


c0013922_09084103.jpg

それにしても

やはり思うのは

信州の夏って・・本当に暑くなった・・

東京の夏とあまり変わらなくなったね(~_~;)



今度は横浜赤レンガ倉庫の「世界のビールフェスタ」みたいな

「信州の地ビールフェスタ」みたいなのをやってくれないかなあ~

勿論、呑み放題で(笑)





今日も一日

笑顔になれる出来事が

ひとつ以上ありますように♪


[PR]
by dansantokamisan | 2016-08-20 09:44 | きょうも元気で | Trackback

お盆休みが終わって

あっという間にお盆休みが終わってしまって

日常に戻っています。

まだまだ猛暑ではあるけれど、それでも夜になると虫の声が盛んだし

風や空の色が・・少しずつだけれど確実に秋が近づいています。

ダンさんは新しい会社の環境にも少しずつ慣れているみたい。

車での通勤になったのと、会社ではデスクワーク、

家では高校野球やオリンピックでテレビ観戦・・で

万歩計(使ってないけど)ほぼ動かず。

案の定、最近体重が増えたらしい(-_-;)

秋は秋で肥えるの必至なんだから、

今から太ってたら収拾つかなくなりますよ~。

たまには週末にジムに引っ張って行こうかな。


折角二年掛けて体重減って、

健康診断の結果も良くなっているんですからね。

維持しましょう。


と、言ってる私も、他人事じゃあない。

毎日テレビの前でキャーキャーウルウル

心は揺さぶられ動かされているけれど、万歩計(使ってないけど)は動かず。

昨日もSOUに作るリュックの材料買って来ちゃったから

またソーイングルームにテレビ見ながら引きこもりそう・・ああ・・(-_-;)

早くオリンピック終わってもらわないと(笑)



明日はジムに行った後、夜は友人と美味しい飲み食い。

多分、またまた体重が増える予定(笑)

まだまだ暑いけれど

確実に

「天高く馬肥ゆる秋」は近づいております。



コタの写真、やっと飾ることができました。
c0013922_13520954.jpg


[PR]
by dansantokamisan | 2016-08-18 13:52 | きょうも元気で | Trackback

無題

明日未明から横浜に行ってきます。

八月のお盆の時期に横浜に行くなんて何年ぶりかしら?

あちらでは携帯メールは見ることが出来ますが

パソコンへのメールは見られませんm(__)m

今回はダンさんも一緒です。

ではでは!

猛暑が続いています。

身体に気をつけて夏を楽しんでくださいませ。



[PR]
by dansantokamisan | 2016-08-13 20:48 | きょうも元気で | Trackback

コタがイッパイ・・・




コタの

おとうさんとおかあさんです

2010年6月撮影

野良ちゃんなのに両親がわかっているコタです
c0013922_17340721.jpg



5人兄弟でした。

どこかで出産したあと

一匹ずつ、うちの裏庭に母親猫が運んできたのです。

この頃からおかあさん猫は具合が悪かったんだと思う

そのうち、お父さん猫が子猫をどこかに連れて行ったのか・・

いつのまにか、子猫は2匹だけになって・・

その頃の話は、
ここで散々書いたっけ。

瀕死の母親猫をうちで看病して看取って・・

そんな
イキサツも書いたっけ・・・今、しみじみ読み返しています


c0013922_17335870.jpg





c0013922_17341544.jpg


そうして、私は母親猫に

2匹を託された思いで、小さな子猫を

我が家の家族に迎え入れたんです。

コタとコジです。

2010年7月の事です。



c0013922_17342126.jpg



そうして

コタとコジは我が家の一員になりました

先住のシロは、始めのころは、なかなか新参者を受け入れがたいようだったけれど

コタの屈託のない性格がまとめ役になって

いつのまにか、三匹が仲良くなれたの・・今でもコタに感謝。




c0013922_17343381.jpg




コタの記事・・・

さっき、始めからずっと読み返していました。

やっとやっと読む気持ちになれました

コタの写真・・きょう、見ると決めていました。

今まで見ることができませんでした。




c0013922_17343943.jpg


今までいろいろな猫達の最期を看取った私ですが・・

コタの時のことは・・きつかったです。

今でも思い出すと正直きついです。







c0013922_17355105.jpg
だけど

「ボクもボクも」とヤキモチ焼きで

自己主張の強かったコタだから

きょうをこのまま過ぎてしまったら

「僕の事忘れちゃったの?」って言うに決まってるから。






c0013922_17355702.jpg
最後の日の事は書けないけれど

でも、忘れてないよ・・って

画像をたくさん貼ることにしました。

みんなブログでコタの事を書いた時の画像だよ。



c0013922_17360436.jpg


今だって、コジの身体をなでる時

コタを思い出すよ。

コジを触ると、必ずどこからか飛んで来て

「ボクもやって」と鳴きながらコジの横に寝そべったもんね。


ダンボールを見るとコタを思い出すよ。

ガジガジかじっていたもんね。

今でもコタの歯形の残ったダンボール、あるよ。





c0013922_17361367.jpg



コタには

ゴメンナサイの気持ちがイッパイで

後悔もイッパイで・・

他の猫達にも多少の後悔はあるけれど

でも最期を看取ったという、

天寿を全うさせたという想いがあったけれど・・



そんな風に思っても仕方ないと判っていながら

一年が過ぎました


たかが猫・・そう思う人もたくさんいるんだろうな


c0013922_17362182.jpg


きょう、

コタの画像をこうやってまともに見て

コタの記事を、やっと読むことができて・・

私の中でなんとか整理ができるかな

コタの写真を額に飾れるかな。

他の

我が家で看取った先輩猫達の写真と一緒に。


c0013922_17362869.jpg





c0013922_17370390.jpg

この写真、昨年の7月26日に撮ったものです

いつもこうやって寝そべって・・


この日から二週間後には天国に行ってしまうなんて・・


なんで気がついてあげられなかったんだろう・・


いかんいかん、もうそういう事は思わない。


コタ

今でもコタの事忘れてないから。


c0013922_17371227.jpg



8月10日

コタが糖尿病による多臓器不全で

僅か5歳で亡くなって、

一年が経ちました。





[PR]
by dansantokamisan | 2016-08-10 07:00 | Trackback

オリンピックなど

毎日毎日、ありえない高温が続いていますが

皆さん、お元気ですか。

イメージとしては涼しいはずの信州も34度だの35度だのの

予想が出ると「聞き間違え?」と笑うっきゃない。

大昔の話をしたら鬼じゃなくて誰が笑うか知らないけれど

結婚して横浜から信州に来た頃は

夏の暑い時に「今日は30度を越えた!」と周囲がビックリしてて

さすが、信州だなあと思った記憶が。

どんなに暑い日でも、木陰に入ると涼しくなった記憶も。

日本は暑くなったわねえ・・確かに。今に信州でもバナナが作れるかも。



暑いと言えば、オリンピックも熱い!

目が離せません。

個人的には水泳と体操!

もうあまりにもドラマチックで涙涙です。

「よくぞメダルをとってくれた」というよりも

選手たち(特に内村君)のプレッシャーを思うと、

「取らせてあげたい」っていう思いでイッパイだったから

まるで母親感覚の感慨です。

華やかな栄光の陰にどれだけの努力と重圧に負けない心があるか・・

何の苦労もしないで手に入るものなんて・・ないよね。

あってもそれは「あぶく」でしかないよね。



オリンピックではないけれど、イチローさんも。すごすぎる。

「イチローは嫌いだ」というCM、私、しみじみ嵌ってます。


観戦でスポーツを楽しみながら

リアルでは暑いけれど、わざわざ、あちこちのジムに行って汗を流し

この夏を過ごしています。



オマケ画像は・・

昨日、二階の網戸にとまっていたトンボ

激写しようと傍にいっても逃げない・・・

あれ?もしかしたら・・とよく見たら、

網戸に足がひっかかってる?

コジがカーテンレースに爪がひっかかってるのは年中だけど

トンボが網戸に足をとられるなんて^^;


開けて外側からそっと足を外してあげたら、

勢い良く空へ飛んでいきました。

トンボが撮れたことより、

トンボが助かったことのほうが、良かったよかった^m^

c0013922_10273997.jpg
今日も一日

笑顔になれる出来事が

ひとつ以上ありますように!

追伸・・

母が昨日私に送った携帯メール、届いていないのよね。

問い合わせしても届いてないし。

どうしちゃったんだろう?

前にも友人からのメールが届いてないことがあったけど、理由がわかりません^^;


[PR]
by dansantokamisan | 2016-08-09 10:34 | きょうも元気で | Trackback

初めてワインビストロベルジェを訪れたのはいつだっけ?・・と

過去記事を見てみたら・・一年ちょっと前だったんですね。

http://dankami.exblog.jp/24267275/


あれから私達の大のお気に入りの店になり、何度か訪れているので

もっと前から行っているような錯覚になっています。



ダンさんの退職祝いと就職祝いを兼ねて行って来ました。

先週の平日。


ワインビストロベルジェ


最近、宿などもそうですが

入店する前に店構えを撮ることに少々消極的になってしまって・・

(ズボラになったとも言う(^^ゞ)

帰るときに撮ったりすることもあるけれど

今回はそれもせずに、以前の画像を使いまわしていますm(__)m




c0013922_09582956.jpg

使いまわしだけれど

佇まいは変わらず・・この「さもない外観」が、もうたまらなく好き♪




c0013922_09583684.jpg

この控えめなお店の看板が「隠れ家的」でたまらない



ここからは、使い回しじゃないですよ(笑)

メニューは定番メニューの他、季節によっても変わりますからね。

いつものように

奥様がメニューのボードを持ってきてくれて

さてさて・・いつものように迷います(笑)

でも、何度か来ていると、「今回はあれが食べたい気分」と

ある程度シュミレーションしてくるようになって

迷いの幅が若干小さくなったのを感じます。



c0013922_09584315.jpg


で、ワインはいつものように

ワインリストから・・と思ったら

奥様が
「きょうは、いいワインが入ったんです。

今までのセレクトしてくださった感じで

お気に召すのではないかと」と!


わ!こんな嬉しいことは無い。

勿論、それに決めました。



c0013922_09584891.jpg

後から「先ほど、お値段言いませんでしたが・・」と(笑)

いえいえ、全然心配しませんでした。

「金に糸目はつけない」なんて物騒な話なのでは勿論無く

「今までの・・」の奥様の一言で

そちらのほうの我が家感覚もわかってくださってると

全面信頼(笑)







c0013922_09585529.jpg

今夜のアミューズ(突き出し)
鹿肉の燻製

まるでビーフのソフトジャーキーのような まろやかさ











c0013922_09590058.jpg




c0013922_09590673.jpg


いつものように

ベルジェのお料理に一番合うパンとバター

この頃には既にリラックス感、全開。




c0013922_09591179.jpg





c0013922_09593286.jpg

今日選んだ前菜は・・・

ダンさんはフランス産エスカルゴとマッシュルームのオーブン焼き




c0013922_09594093.jpg

私は佐久産大マスのスモークサーモン

きょうは、これにしようと最初から決めていました。

うん・・やっぱり美味しい♪

前菜?これはもう「主菜」級の

インパクトとボリュームです。


c0013922_09595961.jpg


主菜は、ちょっと迷って

ダンさんはオーストラリア産仔羊のロース芯のローストに。

これが大正解も大正解

ダンさんの見も心も喜ばす逸品でした。

私も一口いただいて「んまっ!」





私はというと

今回は前菜に続いて主催も定番中の定番

信州牛ホホ肉の赤ワイン煮

これも不動の美味しさ・・

が!あれ?なんということでしょう!

画像を撮り忘れ(T_T)

で・・・

メニューに関しては

使いまわし画像なんか使わない・・という宣言を

アッサリ撤回して

過去画像を使いまわし(-_-;

c0013922_10000635.jpg


ほほ肉・・安定の美味しさ。

でも、あとからシェフとお話した時にわかったのですが

同じメニューでも、季節などによって

多少変えているのですって。

例えば、この季節、少しサッパリさせるためにバターを使わないとか。


前回も感じたことですが

シェフは現状に満足しないで試行錯誤を繰り返していられるご様子。

「長くやっているとマンネリしてしまう気がして・・

でも、(いろいろ試して)結局、基本に戻ったりするんです」

今日は平日でいつもより、余裕があって

シェフとも多めに話せるのが楽しい。


ベルジェは

ダントツ美味しい料理は勿論だけれど

ご夫婦の魅力も、

私たちを引き寄せる要素になっているのを強く感じます。


c0013922_10001346.jpg


デザート

これも私は、きょうはこれ!と最初から決めていました。

c0013922_10002084.jpg

グレープフルーツとカンパリのジュレ

ベルジェの定番中の定番

c0013922_10002806.jpg



c0013922_10005479.jpg
ダンさんも、もうひとつの定番

野辺山ジャージー牛の自家製生チーズに。

真っ白な器に真っ白なチーズ

美しい・・だけど、カメラマン泣かせ(笑)

上手に撮れてるかな^m^




c0013922_10010345.jpg



c0013922_10011042.jpg


飲み物は珈琲にした。

珈琲にちとばかりウルサくなったダンさんも

満足感たっぷりの表情。

あ、写す前に飲んでしまって・・半分(^^ゞ




実はクッキーも、かじってしまって

そこを隠して撮りました(笑)

c0013922_10011854.jpg

帰りは

シェフが外まで見送りに出てくれた。

来たときにはまだ明るかった外は

もう真っ暗。

でも、ベルジェを出た後は

いつも気持ちがホワッと明るくなって

「また明日から、笑顔でがんばろ♪」って(^^)

今夜もごちそうさまでした。

c0013922_10012647.jpg







[PR]
by dansantokamisan | 2016-08-08 09:07 | そとごはん・そとカフェ | Trackback