シロがですね・・

最近、ミシンを踏みはじめると

邪魔するんですよね・・・


c0013922_16552740.jpg



でも、なんだか気持を考えると

いじらしくて・・「どいて!」って言えません

c0013922_16554559.jpg



寛いじゃってますね・・可愛い♪

「おじいさん顔」ですが、私にとっては天使顔です

c0013922_16555639.jpg



邪魔されながらも、なんとかチクチクと作品を作るのも

また楽し♪

c0013922_1732763.jpg



c0013922_1734311.jpg

[PR]
by dansantokamisan | 2014-09-30 17:08 | 「自己満足の手作り」の話 | Trackback

猫達の近況(^^ゞ

最近、うちの子達の画像、貼って無いですね~

ちょこちょこ撮ってはいるのだけど

ブログには久方ぶり


最近、シロとコジがとても仲良しで

2人でいることが多くなりました。

コタコジが我が家の一員になったときの事を考えると感慨深いわ・・

慣れてからも、シロとコジは、コタを介した仲良しだったから^m^

c0013922_14364269.jpg



勿論、2人の間で長い間クッション役をしてくれていたコタとシロは

今でも仲良しだけど。
c0013922_14371441.jpg





でも、気がつくと

シロとコジのツーショットのほうが目に付くようになったなあ・・

不思議


c0013922_14372879.jpg
c0013922_14374139.jpg




そんな時のコタは・・・

なんだかいつもひとりで突拍子も無い遊びを考える

(私も加勢するんだけど・笑)


きょうは・・・こんな事してます^^;

c0013922_1437522.jpg



このマッサージ器、電源入ってるのよ

コタの背中をドンドン叩いてるのに・・


気持いいみたい

時々、マッサージ器に

顔をこすり付けて尻尾をゆっくり左右に振ってました(笑)


動画を撮ったんだけどね~

YouTubeにアップするのが面倒で

お見せできないのが残念です^m^

[PR]
by dansantokamisan | 2014-09-27 14:58 | 猫の話 | Trackback


自家焙煎がマイブームになってるダンさん


あれから益々熱を帯びてます。


お休みの日は、とにかく「ナマ豆」を買いに行って


帰って来てからキッチンでフライパン片手に豆を煎ってます。


私としては、そういうダンさんを見るのが好きなのですが


ただ・・後片付けが今一歩なんですね~


フライパンで豆を煎ると、皮がむけるのですが


その皮をフライパンの外に吹いて出すんです。

だから、煎り終わった後のレンジ周りは

もう皮・皮・皮(笑)

床にも皮・皮・皮^^;

勿論、それを掃除もしてくれるんだけど・・

イマイチなんですね~^^;



そうしたら

きょうは裏庭に三段ボックスとカセットコンロを出して

そこで煎ってました^m^

心置きなく、皮が飛ばせるって(笑)


まぁ、きょうみたいな気候のイイ時だからできること。

がんばってね。


なかなか絵になるよ。




ねえ、やっぱりお腹、引っ込んだよ♪

やったね^m^


c0013922_1403822.jpg

[PR]
by dansantokamisan | 2014-09-27 14:23 | 夫婦こぼれ話 | Trackback

掲示板でも少しお話したのだけれど

ダンさんが最近、珈琲に凝っている。


いや、正確に言うと、珈琲の自家焙煎に凝っている。


珈琲に関しては、元々我が家ではダンさんが珈琲係

私はここ10年以上前から自分で珈琲をいれたことがない。

朝も平日休日を問わず、

ダンさんが先に起きて、珈琲を入れてから私を起こすという

生活が、ずっと続いている。


いつの日か、

私は横浜でやりたいことがあるのだけれど

その時にダンさんが傍にいて、ニコニコしながら

珈琲を淹れてくれるのも悪くないと・・・

思っていなくも無い^m^


でも、さすがに自家焙煎に凝るとは思っても見なかった(^^ゞ


キッカケは・・・「だぁーちゃ」


だぁーちゃの記事で、だーちゃの御主人とダンさんが


珈琲談義をした話を載せたでしょう?

あの時にナマの豆を買ってきて・・それから(^^ゞ


だぁーちゃの御主人に

長野市内でもナマの豆を売っているところがあると聞き

さっそく出かけていって

あとはうちで時間があると、ひたすら煎り煎り(笑)

そして、その珈琲を淹れて

苦いだの薄いだの・・もちろん、私にも感想を求める


うん・・まぁ・・


安い喫茶店の味だね(今朝の感想)


これ、今のところ、最高の褒め言葉でしょ!

だって、畏れ多くも「喫茶店」だよ!


今日は、会社の女の子達に

(ダンさんが勝手にカフェ同好会と言ってるんだけど^m^)

煎った珈琲をあげるんだと、、少しずつ持って行った(^_^;)・・・

カフェ同好会の皆様、

おじさんにお付合い、本当にスイマセンね~~m(__)m

今に

「うまい!」って言って貰える珈琲ができるのでなないかと・・


それまで堪えてくださいませませ(笑)





でもね

ダンさん、わかったでしょう?

自分で楽しくて、一生懸命何かを作るって楽しいでしょう?

それって結果じゃないのよね


美味しいコーヒーが飲みたかったら、

今はコンビニカフェでだって安く飲めるもの。


でも、そうじゃないのよね

自分で思いついて、調べて、計画して、捜して、用意して

ちょっとずつ、失敗しながらも試行錯誤で作っていく


その過程がなんとも楽しいのよね


結果じゃないのよね。

「やる」ことが楽しいし、自分にとっての価値なのよ


あーだのこーだの言いながら、

ガスレンジの周りを豆の皮で散らかしながら

嬉々としてフライパンを転がしてるのを見てると


そういう事がわかったのかもなあって・・嬉しい



ふふ

私も同じなのよね

私の生活は全てそう

結果じゃないのよ

経過が楽しいの、好きなの

「物を作ってる」「何かやってる」その現在進行形が好きなの


そういう気持、わかるでしょ


ふふ

いつの日か横浜で

ダンさんの珈琲を

「これ、ダンさんが自家焙煎した珈琲なのよ。

ちょっと飲んでみて。結構イケるのよ」って

自慢して言う日がくるかも...しれない。



画像は結果じゃなくて、経過が楽しかった、帽子です^^;



c0013922_17181394.jpg

[PR]
by dansantokamisan | 2014-09-16 18:08 | 「自己満足の手作り」の話 | Trackback

いいでしょう^m^

物を増やしちゃいけないのは解かってるんですが・・(^^ゞ

きのう、用事があって「魔の100円ストア」に行ってきました(笑)

魔の・・・の意味は、わかる人はわかると思います。


そ!

余計なものは買わないと決心して行っても


あまりの品揃えの多さと、100円と言う甘言?に誘われて、

ついつい気がつくと(^^ゞ

え?

先日も生地屋さんで同じこと言ってなかったっけ?


あ・・そういえば・・・(-_-;)





ま、それはそれとして(^^ゞ


こんなものをを買ってしまいました。

(注:食べ物は別店での別売りです・笑)


おつまみや、ほんの少し残ったものを出す時

モーニングプレートにしたりと

活躍しそうな予感


100円って侮れません~♪


きょうは、怒濤のジム


頑張ります♪


今日も笑顔になれることが

一回以上ありますように! 
 



c0013922_7532336.jpg



c0013922_7534972.jpg

[PR]
by dansantokamisan | 2014-09-12 09:12 | きょうも元気で | Trackback

「着物の整理」をしていて

(断捨離ではないのよ。

和服は、なぜか断捨離する気にならなくて困る(^^ゞ)

ふと思い立って

普段用の一重の帯を切って「仕立て帯」を作ってみた。

切っちゃうの勿体無い?

そう思ったけれど、どうせこのままにしておいても着ないし。

結ぶより仕立て帯のほうが着るときに楽だし

(着ないのに、着るときに楽だとは、我ながら矛盾しとる)

早い話、「お裁縫」というイタズラしてみたかっただけなのよね(^^ゞ

出来あがって・・昔、縫った着物に合いそうなので

その残り布を前帯部分に縫い付けてみた。
c0013922_10584012.jpg



画像にすると嫌に派手に見えるけど

これグリーンじゃなくて落ち着いた緑色ね。

帯もオレンジじゃなくて柿色ですから。

帯揚げも黄色じゃなくて黄土色ね。


こんなのを縫い付けたら、他の着物の時には

使えない帯になるな・・

(どうせ着ないんでしょ)



着物・・

断捨離じゃない使い道・・ないかなあ・・・

今では着られない「タンスの肥やし」の山をみながら

ため息をついています。

[PR]
by dansantokamisan | 2014-09-09 11:01 | 「自己満足の手作り」の話 | Trackback

だぁーちゃ

c0013922_7432033.jpg



「だぁーちゃ」の名前を知ったのは

今からもう少し前のこと

友人から素敵なカフェがありますよ

ダンカミさんはきっと気に入りますよ・・と

でも、その時には、近くまで行ったけれど

カフェは見つからず そのままになって・・

先日、YUSHICAFEでyushiさんと雑談したときに

ひさしぶりに「だぁーちゃ」の名前を聞いたのです

今度こそ、捜してみようか・・と行ってきました

自家焙煎珈琲とジャスの店 だぁーちゃ



c0013922_7453838.jpg


「この辺りのはずなんだけどなあ・・

何度もここを通ってるんだけど・・」

でも、ナビに住所を入れて探してもやっぱりこの辺のはず・・

ゆっくり辺りを見渡すと・・ありました

なんとも隠れ家的な佇まい・・

それだけで、もうウキウキ感が始まります。



c0013922_74639100.jpg


ダンさんがどんどん、階段を下りて、お店の入り口に向かっていますが

「ちょっと待って・・・この看板、撮りたい!」と心で思いながら

急いでパチパチ撮って、慌てて後から着いて行きます。

この自然木を使った看板・・大好き♪


このエントランスもいいなぁ

高さといい、奥の壁までの距離といい

洞窟のように曲がった先の見えにくさといい

このアーチ型にくりぬかれた壁の向こうに

どんな空間が広がっているのか

嫌でも期待感が増すような、絶妙な設計だと思いません?

c0013922_7483091.jpg



靴を脱いであがるのですが

その靴を脱ぐ「間」がいい

この時点で、まだお店の人が

出てきていないので<

自分だけで、

外とCAFEとの切り替えのできる・・

「間」を

知らずに作ることができます


c0013922_7483717.jpg




ガラスのドアを開けると、まずは、ママさん

(と勝手に呼ばせていただきます)が

明るい声と満面の笑顔で迎えてくれました。

運がいいことに

他にお客さんの姿がなく、今のところ、私たちの貸切♪

お好きな所に・・と言われて

   
中でマスターがお仕事をしているカウンター席に・・と思ったのだけれど


初めての訪問で、なんとなく遠慮しちゃって

一番奥の薪ストーブのある角の席に座らせてもらいました。

c0013922_7484395.jpg



一番奥と言っても

このCAFEは

カウンターのほかには

この居心地の良さそうなテーブルが二つだけ。


c0013922_7484942.jpg




そう・・

CAFEというよりも、居心地のいい

センスのいいリビング・・

上質の珈琲の香りと上質のジャズの音が

五感を静かに刺激します

c0013922_7485533.jpg



いいなあ・・・

ダンさんがつぶやきます。


ママさんが席に来て、気さくに明るく話しかけてくれました。

わ・・なんかこのママさんの雰囲気、いいなあ♪

ホッとします

少しお話してたら、ママさん

「初めてお会いした気がしません」って。

うまいなあ~^m^

でも、悪い気しませんよね~(笑)

ママさんのお人柄の良さにすっかりリラックスして

まるで常連さんになった気分です^m^

c0013922_749051.jpg



真空管アンプのスゴクいい音。

レコードは・・名盤ばかり

60年前のレコードを掛けてくれて・・

勿論ジャズ


リクエストしてくださればと言われたけれど

マスターの選曲にお任せして至福の時間




マスターは、ママさんとは対照的に寡黙な方です・・

と、最初は思ったのですが、

お話していると寡黙・・というイメージとは違うような・・

物静かですが、

時折、私たちのお喋りに交じって仰るお言葉がユニークで楽しい。

それに、珈琲の拘りと言ったら、もう半端ではなく感動もので

そのお話をしていただくと、

身体中から、思いが言葉になってあふれてくる感じ

これは、カウンターに席を移して、

マスターとお喋りしたダンさんの感想です♪)

c0013922_749770.jpg




こうして、厳選して購入した豆を

更に手によって振るいにかけ(ハンドピックといいます)

マスターの納得した豆だけを焙煎するのです。


その作業は匠の技です

c0013922_7491342.jpg




マスターが自家焙煎して

淹れてくれた珈琲が

とっても美味しかったのは勿論のこと

珈琲カップも

拘りの珈琲に相応しいものです。

これだけ拘って拘って淹れた珈琲と

バランスが取れる器を・・と

考えているんですよ

ママさんがそう言いました。

ほんと、そうですね。


c0013922_7491944.jpg
c0013922_7492645.jpg


だいぶ飲んでしまってから慌てて撮りました(^^ゞ



そう・・

この居心地のいいリビングの

どこを見ても

訪れる人が、美味しい珈琲を飲みながら

素敵なジャズを聴きながら

リラックスできるような空間作りがされています。


さりげなく飾られた小物も、位置も

拘りが感じられます。


c0013922_7493636.jpg






素敵な小物に目を惹かれて・・

ん?猫の存在を感じる^m^

「もしかして、猫を飼ってます?」

やっぱり(笑)

お店には登場しないそうですが

愛猫さんの話で盛り上がりました♪

c0013922_749334.jpg




マスターとダンさんが

熱心に珈琲談義

いえ、談義というのはオコガマシイ。

マスターから、


珈琲の講義を拝聴しています。

ダンさん、すごく嬉しそう

頭の中は

きっと、マスターのお話を

メモメモしていたことでしょう


c0013922_7501759.jpg


焙煎前の珈琲豆を譲ってもらって

ダンさん、早速うちで焙煎したんですよ^m^)


c0013922_7502748.jpg



マスターとダンさんが、二人でお喋りしているのが

とっても素敵で、思わず撮らせてもらいました。

その間、私は、ママさんと、これまた楽しいお喋り。

お店の拘りや、細やかな心遣いをさりげなく明るくお話されて

なんだか嬉しかったなあ・・

マスターとママさんって、本当に素敵な組み合わせ・・いい御夫婦です

だぁーちゃの全てが素敵だけど

一番魅力的なのは、このお二人の存在です。絶対確かです。

私たちが長居させてもらっている間にも

一組のご夫婦がいらして、静かに珈琲を楽しんでらっしゃいました。

変なお客がウロウロとしてお喋りしてて、煩くてゴメンナサイ

とても居心地良くて、

友人の家に遊びに来たかのように振舞ってしまいました。




この後も、常連さんらしいご夫婦がいらして

その御夫婦とは、ママさんも交えて猫談義(笑)

それぞれの我が家の猫自慢の「親ばか談義」です

なんだか嬉しいですね。

初めてお会いした方とのこうした時間

だぁーちゃさん、ありがとう

                  (再訪の記事はこちら

c0013922_7494029.jpg


とてもとても、幸せな気持ちを頂いて、

そろそろ帰ります。

いい時間を過ごせました。

本当にありがとう・・ごちそうさまでした。



自家焙煎珈琲&ジャズ だぁーちゃ

〒389-0115
長野県北佐久郡軽井沢町追分 1441-7

0267-45-3951


オマケ

だぁーちゃの駐車場のそばで

無農薬の野菜を売ってる方がいたので

ちょっと覗いてみました。

完全無農薬のお野菜、形や大きさは様々だったけれど

安心と、売ってるかたの人柄と、

傍にいたお客さん(常連さん?)の売り込み(笑)で



いろいろ買いました^m^

(みんな美味しかったよ)

撮ってブログに載せていいですか?って聞いたら

快諾してくださって・・

c0013922_7503721.jpg



一枚撮った後、「あ、どうせなら、トマトかなんかを持ったほうがいいかな」って

自らプロデュースしてくれて、撮り直し(笑)
いい画像が撮れましたよ♪

一応暈すのがお約束なんで、僅かに暈しましたが、笑顔が判りますよね(^^)
c0013922_7504671.jpg

[PR]
by dansantokamisan | 2014-09-09 08:56 | そとごはん・そとカフェ | Trackback

なんかなぁー(^_^;)

カテゴリーは

「自己満足の手作りの話」なのだけど

自己満足するどころじゃない(-_-;)


なんか・・変


デビューは先送り・・というか


もしかしてお蔵入りだな


う~~ん



結果より経過が楽しいんだから、


ま、いいか(^^ゞ



c0013922_1358764.jpg

[PR]
by dansantokamisan | 2014-09-07 14:00 | 「自己満足の手作り」の話 | Trackback

フフレキッチン

ダンさんが会社でグルメの女の子から情報をもらったお店です。

(ダンさん、会社で仕事してるのかしら?

・・まぁ、でも私にも嬉しい情報だから、大歓迎です^m^)

今年の5月にオープンしたばかりのフランス料理のお店。

有名なサンクゼール出身の方のお店だそう♪

これは楽しみ!


c0013922_894130.jpg


フフレキッチン


善光寺の裏に当たる場所にありますが、県外から来る方には

メインストリートではないので解かりにくいかな。


でも、このブログでも何度も登場し、忘れられないエピソードもある

「三河屋洋傘店」

古い店舗をリメイクして、、

若い人が頑張ってる素敵なカフェやレストラン、お菓子屋さんなども

近くにたくさんあって

散策するのが楽しい下町エリアでもあります。





c0013922_894838.jpg



駐車場が7台分くらいあると聞いたので

11時半開店ちょうどに行きました。

一番乗り?

と思ったら、女の子2人が入り口の前に並んでる?

あれ?もう開店時間を数分過ぎてるのにまだ開いて無いのかしら?

私の怪訝な表情を察したのか、女の子が

「あ、どうぞ!もう開いています。私達、ここで友達を待っていますので」

と声を掛けてくれました。

あ、そういうことですね。ありがとう。ではお先に~





c0013922_895466.jpg





店を入ってすぐにキッチンが見えるハイスツールのカウンター席が4席。

奥にテーブル席が・・幾つあるのか、入り口を入ったところからは

全体が見渡せない作りに。

でも、まだ誰も居ず、私たちが一番乗りの事だけはわかりました。




c0013922_810024.jpg


扉を開けると、すぐにお店の人がにこやかに近寄ってきました。


c0013922_810519.jpg


私たちに

「申し訳ありませんが

テーブル席が本日は御予約のお客様で満席になっていますので

カウンター席でもよろしいですか」と。



c0013922_810105.jpg


満席?

ビックリしたけれど、カウンター席でなんの不満もあるものですか。

喜んで。

断られなかっただけでもラッキーでした。


その後すぐに予約客が数組入ってきて

奥に案内されていました。



実はその後から何組も何組も予約なしのお客さんが来て・・

その度に丁寧にお断りしている様子で・・

その人気ぶりに正直驚きました。


c0013922_810162.jpg





c0013922_8102183.jpg




メニュー表を撮り忘れたので

お店のページからお借りしました。


c0013922_8103992.jpg



ランチコースは

スープにパン、ドリンク(珈琲or紅茶)付きの


オードブルサラダ、メインディッシュ、デザートです。


サラダ、メイン、デザートは

それぞれに3種類からセレクトできます。

私たちは、折角なので2人で別々の物をセレクトしました。




自家製のパンにオリーブオイル、メープル風味の冷製パンプキンスープ

メープル・・カナダに行ったばかりの私たちは

メープルって聞いただけでちょっと嬉しい(笑)

オリーブオイルもアッサリしていてパンに良く合う。

c0013922_8104540.jpg



食事を待つ間も、店内の内装をさりげなく・・

いえいえ、ジロジロと無遠慮にチェック(笑)


だって素敵なんですもの。


カウンターの横の壁、撮りませんでしたが、

とっても好きな感じのレトロな木質系・・・

でも・・もしかして「これって木じゃなくて壁紙?」

(我が家が似たような柄の壁紙を使っているので)


マジマジと見てたら、お店の人が「これ、壁紙なんですよ」って。

あは(^_^;)聞こえていたか(笑)

でも、すごく素敵。我が家の参考にしたいです。




サラダがやってきました♪

ダンさんは・・

ゴマサーモンミキュイ胡瓜のエスカベッシュ風夏野菜のピクルス添え

長い名前・・舌をかみそうだけど、注文するときは

「ゴマサーモン」で大丈夫です(笑)

c0013922_8105129.jpg




私はフフレのカラフルサラダ温玉のせ

このネーミングは解かりやすい^m^
c0013922_811468.jpg





そしてメインディッシュ

その前に「パンのお代わりはいかがですか?」と嬉しいことを聞かれて

もちろん、いただきました♪


ダンさんのメインディッシュは

信州産豚ロースのロティーグリーンペッパーソース焼きポレンタ添え

c0013922_8111093.jpg
c0013922_8111718.jpg





私は
エビと白身魚のムース カダイブ包揚げ クミン風味のアメリケーヌ
どちらもお皿の上が芸術ですね。

フォークを入れるのが勿体無いみたい。


カウンター席は私たちだけだったので(そういう配慮があった気がします)

却ってゆっくりと食事を楽しめました。





c0013922_8112370.jpg
c0013922_811296.jpg




私たちが行った時には

お店の人は男性が2人、女性がひとり。


皆さん、とても感じがいいのです。

この「感じよさ」が、フフレの洒落た雰囲気に大いにプラスされて

開店して間もないのに人気店になっているんでしょうね。



美味しく楽しく戴いた後は

タイミングも良く、デザートの登場です。


ダンさんは
ヨーグルトのムースとソルベ 柑橘類のジュレを添えて

c0013922_8113492.jpg




私は
しっとりベイクドチーズ ココナッツジェラードとパインムース
c0013922_8114093.jpg




飲み物はホットコーヒーをお願いしました。

まだ、暑かったし、アイスコーヒーもセレクトできるのですが

やっぱり食事の〆はホットコーヒーかな、私たちは。

c0013922_8114512.jpg
c0013922_8115142.jpg



私たちは9月の6日に訪問しましたが、まだ夏メニューだったようで

10日から秋メニューだそうです。

きっとまた、信州の秋らしい、美味しい食材で美しい料理になるのでしょう。

ごちそううさまとお店を出ます。

これから、ますます人気の出るお店なのは間違いありません。

次回は予約をして来なくては・・と思いました。



c0013922_8115671.jpg

[PR]
by dansantokamisan | 2014-09-07 12:52 | そとごはん・そとカフェ | Trackback

ゴーヤの肉詰め


ゴーヤで作った夕食の一品

夏の初めはゴーヤの苦さが苦手だったダンさん

自分で作ったゴーヤには愛着があるのか

自分の身体にゴーヤが合うと認識したのか

苦味を緩和する方法などが載っていると、

私に教えてくれたりしてゴーヤに積極的になった^m^

毎日採れるから毎日ゴーヤ三昧


秋になって・・気がついたら

すっかり苦味にも慣れたダンさんの出来上がり(笑)


この「ゴーヤの肉詰め」は

採り立てのゴーヤを「苦味抜き」せず、そのまま使っています。

苦味が旨味になっている一品です♪

c0013922_948767.jpg



きょうはジムの日(いつもジャン・・でもきょうは特に頑張るジムの日)

張り切っていこう!


今日も、笑顔になれることが

ひとつ以上ありますように!!

[PR]
by dansantokamisan | 2014-09-05 09:56 | うちごはん・うちカフェ | Trackback