梨木温泉 梨木館本館

本拠地HPでは「白雲莊」の再訪記を書いている最中ですが


以前行った「梨木館」も

こちらのほうでアップしようと思います。


私はブログってHPより気楽に書けるので

HPとはちょっと違う感じで・・

「全編ひとりごと」みたいな感じで書こうかな(^^ゞ



>以前行った「梨木館」

以前・・っていつごろかと言うと

こんな時期です(^_^;)


c0013922_10201821.jpg



綺麗でしょう?

桜と芝桜の・・時期です^m^

で、ここはどこかというと・・

c0013922_1020237.jpg



ここです。群馬県の赤城・・

そう

「ごちそうさま」でアップしたカフェ「ねこの時計」があったあの地です。


カフェのあと、この「赤城南面千本桜」でお花見して・・





c0013922_10203322.jpg



お猿さんの大道芸なぞ楽しませてもらって・・


c0013922_10202020.jpg



それから到着した宿が

梨木館でした。


宿泊した後、すぐに横浜に行き、長く留守をしていたので

ゆっくりパソコンに向かえないまま日が過ぎて・・・

そのうち記憶も薄れてきてしまったのだけれど

やり残した宿題みたいなので、やっぱり急いでアップします。


まるで夏休みの最終日に仕上げる宿題みたいに

かなりの「やっつけ仕事」になりそうだけど(^_^;)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




いつごろだったかな

格安のクーポンにこの宿が載っていて

聞いたことあるな・・・って検索したら・・やっぱりネット友さんが泊まってた♪

でもよく見たら、ネット友さんが泊まったのは

同じ「本館」でもグレードの良いほうの、部屋に半露天があるタイプでした。

それから他の人の宿泊記なども見たのだけれど

みんな露天風呂付きのお部屋の宿泊記ばかり。

宿の公式サイトを見ても、格安クーポンに出てた部屋がない?


そして、紹介されているのは

豪華なんだろうけれど私たちの感覚だと、ものすごく高い部屋のみ!


これはどういうことなのかな~っと、却ってちょっと興味が・・・(^_^;)


よく調べると(・・・ったって、ざっとだから間違ってるかもしれないけれど)

このクーポンに出てた部屋も

公式サイトにあることはあって

もともと一泊二食つきで15000円くらいで泊まれるみたい。



それがクーポンで12000円?

いつもの感覚だとさほどの値引きじゃないんじゃない?


で、よくクーポン内容を見たら・・

冷蔵庫内の飲み物無料(これはクーポン特典じゃなくて、平常でもそうらしい)

お料理はグレードの高い部屋と同じもの

さらにステーキをプラス

食事の時のワインサービス

お土産に2000円相当だかの洗顔石鹸サービス


これだけだったかな?


とにかく、あれもこれもを付加して、本当ならかなりになるのが(我ながらアバウトだな~)

12000円・・てことらしい。


なるほどね~

宿も考えたわね~


で、それに惹かれたわけじゃないのだけど

お料理が良さそうで源泉掛け流しのお湯が良さそうで・・

かなりの事が、イイ線行ってる気がして、

これでこの値段なら失敗したとしてもさほど悔いなし・・・・


で、

パソコン場面の「購入する」をポチッと押したんだったわ・・たぶん♪



c0013922_10205327.jpg


平日だった・・はず

でも、駐車場には結構車が停まってて驚いたっけ

駐車場は建物の前だけれど

かなり広くて距離もあるのに、すぐにスタッフさんが出てきてくれて荷物を持ってくれたわ。

小さな宿ではないから、チェックインも時間がマチマチだろうに見張ってるのかな。



本館はとっても古い印象。

いつごろ建てたのか判らないけれど、建物の外観だけ見ると

学校みたいな感じもするね^m^


c0013922_10203841.jpg



通された部屋に関しては10畳の広さと縁側もあって、ほっとしました。

バストイレ洗面所もあるので申し分ないです。


ただね・・

縁側も広くて快適ですが、その床が・・

台風で雨が吹き込んでしまったのを放っておいたの?というくらいの痛みがあって

なんだかな~(^_^;)・・とは思いました。


でもそれは、メンテナンスにお金も掛かるし、仕方ないとして・・


ちょっと悲しかったのは障子が何箇所か、

小さいけれど破れたままになっていたこと。

これはいただけません。


何も

全面張替えはいらないから花の形の障子紙で補正くらいは・・しましょう

私だって家の和室に前もってお客さんが来るのが判っていたら、

猫の破いた穴の補正くらいします。


一番安い部屋でもそういうお金の掛からないメンテナンスはしたほうがいいです。


お客さんを迎える心があるのかな?と誤解されてしまいますからね。

障子の穴くらいで誤解されたら勿体無いです。


c0013922_10219100.jpg



「無料」の冷蔵庫は・・

c0013922_10205719.jpg


中身が充実してて嬉しかったな。

無料なのに、値段がついていたり、こういうシステム冷蔵庫になっていたりするという事は

どのプランでも「冷蔵庫内は無料」と思ってたのは私の勘違いかな?

ちなみに、全部で8000円相当ですって

絶対こんなに飲まないのに8000円得した気にさせるのは、上手いと思います(笑)

それからお土産の石鹸も売店に本当に2000円(だったかな)で売られてて

買う人が居る居ないはともかく

得した気分にさせるのが上手いと思いました^m^



c0013922_10213089.jpg



ここ、貸切風呂に入れます。

私たちはチェックインの時に予約してくださいって言われて

予約した時間に入ったのだけれど

その後、空いていたら、また予約して無料で入れるのか

または2回目からは有料になるのか・・

どうもハッキリしませんでした(ちゃんと聞かないから悪いんだけど)


この宿は殆どの部屋に露天風呂が付いてるから、

貸切風呂が空いてる可能性大なのだけど・・


でも、私たちがよく調べなかったのは

貸切も良かったけれど、男女別の大浴場のほうが気に入って

そちらに何回も入っるだけで満足だったから。




そうは言っても貸しきり温泉

本館を出て駐車場のある庭を通っていきます

左右に二つ。

私たちは左側を指定されましたが同じ形のようです

c0013922_10211450.jpg



こんな感じ。気持ちよかったです。

温泉の色、いいね。

貸切にしては広くてノンビリ入りました。

c0013922_10214579.jpg



部屋に帰る途中に

改めて本館を見て・・そして本館の左のほうの建物に目が行きました


c0013922_10212767.jpg


離れのような・・

あそこはきっと「はせを亭」かな

梨木館の主力商品だと思います。

他にも「奥の細道」という建物もあるらしいのですが

どちらにしてもHPを見ると

とんでもなく高いし、私達の感覚ではないので羨ましくもなく無感情です(笑)



でも、こうして異質の建物が同じ経営でされてるのを見ると

いつかこっち(本館)も全部変えるのだろうな・・と思ってしまう・・

どこもそうだよね・・どこも高級志向、どこも流行りの宿に変身しちゃうよね

c0013922_10215718.jpg






貸しきり温泉も良かったけれど

この宿では珍しく、二人とも「男女別のお風呂」のほうが断然気に入ってしまいました

c0013922_10213843.jpg


c0013922_1022990.jpg


手書きの成分表

59年・・(^_^;)やはり年季を感じさせるね

c0013922_10215064.jpg



c0013922_10222073.jpg



この浴室の雰囲気・・

ちょっと厳かな気持にもなるような独特のムードでした。

お湯の色も温度も質感も

好みに合っていつまでも入っていたい感覚でした

特に夜の雰囲気が

誰もいないとちょっと怖いくらいに素敵でした^m^



c0013922_1022320.jpg


雰囲気伝わるかなあ

c0013922_10223359.jpg


お湯の色、伝わるかなあ

c0013922_10222133.jpg





さて、夕食です

時間が過ぎてしまっているのとお品書きが無いのとで

今となってはひとつひとつ画像を大きくしてみても

何か書ける自信が無いので、こうやって纏めてみました。


この頃思うに

以前はHPに宿泊記を書くときに

食事を一品一品撮ってアップすること、なかったよね


いつの頃からか、

大きく一品一品をアップして品名や感想を書くようになったんだよね


後で自分で読み返したときに、確かに「そうだったな」とは思うけれど。


何をブツブツ言ってんだろう、私。




とにかく、夕食を纏めてみました。

そうそう

朝夕とも部屋食なのです。嬉しいね。


ご覧のように、たくさんの品数でビックリしました。


珍しく、殆どのものが「一気だし」でしたが


それは無謀な一気だしではなくて、

一気だしでもいいように、メニューに工夫があったように思いました。

部屋食の場合、人にも依るかもしれないけれど

あまり何度も出入りされるよりも、ある程度並べられて

「ごゆっくり」のほうが気楽かな、うちの場合。

c0013922_10225460.jpg



どれも美味しかったです。

あの宿泊料でこのお料理はなかなかスゴイと思います♪

ステーキもプランの中に入っていましたが

無くてもお腹一杯になるでしょう

ただ、これはグレードアッププランだということ。

どの料理がグレードアップ食材なのか

それとも、何かの品数が多いのか

スタンダードだとどういうメニューになるのかがよく判りませんでした。






そして朝食。

朝食もナカナカでしょう?♪

旅館で朝食にいろいろ並ぶと、ちょっとリッチな気持になりますよね。

c0013922_10223934.jpg



c0013922_1023131.jpg


c0013922_1023123.jpg



c0013922_1023343.jpg



そろそろ帰る時間

部屋での記念撮影

まだでした、一枚だけ。

c0013922_10231963.jpg



お世話になりましたと、梨木館本館を出ます。

いろいろ細かなことはあったにはあったけれど

今、振り返っても、全体的にはとてもお得感のある宿でした。


その後クーポンサイトを見ても、この宿の本館が良く出ています

(グレードのいい部屋も+3000円程で出ているときがありました)

もしかしたら、本館はそういうルート専用なのかな?と思ってしまうほどですが

もしそうだとしても、ここはクーポン利用しても

とってもお得だと思います。


そして

本館のグレードのいい部屋に泊まれば、もっともっとお得感があるかもしれません。

これからも上手にクーポンを探して

上手に付き合いたいなと思います。



                              梨木温泉 梨木館






おまけ

帰りに通った「ダムに沈む温泉街」

作るのか作らないのか・・右往左往して、今は工事が進行中

なんとも言いようの無い景色でした・・・


c0013922_10235258.jpg

[PR]
by dansantokamisan | 2013-05-28 16:35 | 旅と宿のこぼれ話 | Trackback

いい夫婦

昨日、横浜から帰ってきました。


帰りの新幹線の中で、


ニュース速報をボンヤリ眺めてました。


政治や経済、事件のニュースが短いテロップで流れる中

かなり

個人的にインパクトのあったニュースが飛び込みました。



サラリーマン川柳ってあるでしょう


今年発表された川柳の人気投票の一位が出てました


(そんなの、ニュースで出るんだ(^_^;))



それが、これ







いい夫婦  今はどうでも いい夫婦




・・・・・^^;


・・・・・



う・・


うまい




・・・・・・・ガンバロっと(^_^;)


皆さん


今週も いい週末でありますように

[PR]
by dansantokamisan | 2013-05-24 11:21 | きょうも元気で | Trackback

鬼嫁?(笑)

ダンさんが夕べ

「先日、休日出勤した代休を明日とることにした」と急にいうんです。


え・・

あした?

いいけど・・

明日、金曜日だからね

私、居ないよ


・・・・・・・・・・・・・・・・・


金曜のジムはどうしても外せないのです

大好きなイントラさんの大好きなレッスンがあるので。



ダンさん

それなりにひとりの休日を楽しんだようです

ごめんね、ダンさん

でも、金曜日はダメよ

[PR]
by dansantokamisan | 2013-05-17 20:48 | きょうも元気で | Trackback

加湿機能付き空気清浄機

中尾平ホテルに行ったときに

部屋にこういうものがあって

いいな~って思ってました。

c0013922_19275992.jpg



加湿機能付き空気清浄機

つい先日

買ってしまいました。




c0013922_19282922.jpg



もともと空気清浄機は今までも使っていたことがあるのですが

イマイチ効果のほどが感じられず

しかもメンテナンスも面倒で、結局「お蔵入り」のものが多かったのですが

これはいいかも・・です

湿度調節もしてくれますし


花粉やペットの毛、それになんと言っても

部屋の匂いを消してくれます

うちはLDKが一体なので、使いやすい反面

キッチンの生活臭等が充満して

玄関を入った途端、独特の匂いが気になっていたんです(^_^;)

まだ買って数日だけど、これ、効果ありそう♪

ちょっと大きいけれど(30畳タイプだから)

なんか心強い家電になってくれそう♪



信州に住んでたら空気も綺麗で

空気清浄機なんて必要ないんじゃないかって?

信州だってエアコン使ってれば加湿が必要な季節もあるし

花粉も猫の毛も台所の匂いもありますって。

玄関入って

生活臭が一切無いって、いいもんです♪

[PR]
by dansantokamisan | 2013-05-17 20:29 | きょうも元気で | Trackback

だめだな~~(^^ゞ

昨日の朝のこと

シロが何度もトイレに行くけれど、出てないみたい。

あ・・またか・・


シロは以前にも何度も「尿路結石」を患っている。

食事を変えたり、トイレの箇所を増やしたり、水呑場を増やしたりしたのが効を奏して

ここ2年ばかりは再発しなかったんだけど。



すぐに病院に連れて行った(いつもの病院が定休日なので初めてのお医者さん)

そうしたら、膀胱炎だろうって。

尿路結石にまでなってないからと

注射と20日分の抗生物質いただいて帰ってきた。

空いていたし

気さくで丁寧な先生だったから、コッチでもいいかも^m^



先生に現在食べさせている食事の種類を言ったら、それが一番いいって。

そのほか、雑談で

コタが太ってる話や

コタやコジが、この餌を嫌いで食べないので

ついつい他の餌をあげちゃうと、先生に言ったら


「太って困ると言いいながら、

嫌いな餌では可哀想だとカロリー過多の食事を与えるのはおかしいでしょう」

と言われてしまった・・(^_^;)ごもっとも。

はい、これからは健康管理のための食事を徹底します!


c0013922_16412865.jpg



シロは病院でもとても大人しくて優等生だった。

注射もさせたし、先生が抱っこしても全然抵抗しなかった・・ほんと助かる♪




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


で・・・

さっきから話が出ていた「療法食」がこれ↓です。


ダイブ前から、他の餌と混ぜたりながら食べさせていたんだけれど

これからはこれをメインにしようと思います。

ただね~~・・

c0013922_1642410.jpg



コタとコジが、これ、嫌いなんです(^_^;)

極端なくらい嫌いなんです。


昨日から、食事をこれだけにしているのだけど・・


シロは食べるけれど

コタコジは完全にそっぽ向いてる。食べない。


そして・・




「お腹空いた~~~・・・・・」

c0013922_16421420.jpg




ボクももうだめだ・・お腹空いた~・・

c0013922_16422221.jpg





腹が減って、腹が立ったから、

おかあさんが張ったばかりの障子、破っちゃうもんね。

c0013922_16422948.jpg




もう、目も虚ろ・・

c0013922_16423516.jpg






そこへ昼寝から起きたシロが登場

みんな悪いね、僕の病気のせいで、とばっちり受けちゃって。

だけど、ボクみたいにならないためにも、これ食ったほうがいいよ。

慣れりゃ、なかなかの味だよ。

c0013922_16424161.jpg





やだよん!だって不味いんだもん

食べないもんね。水だけ飲んじゃう。

c0013922_16424811.jpg




ここまで撮ってた私

なんかかわいそうになっちゃって・・

コジって、余計なもの(お魚やおやつ)を一切食べないで

好物は、「とある猫餌」オンリーなんです。


その猫餌はね

まだ戸棚にあるんだ・・



これです・・

あ、ほら・・戸棚から出すときからもう感じて飛び出してきた。

c0013922_16425454.jpg




あ♪ くれるの?くれるの?

やった~~!

c0013922_164307.jpg






早く~!早くちょうだい!!

c0013922_1643549.jpg





すると、テレビの上でグッタリ(笑)してたコジも気配を察し、動き出した

c0013922_16431280.jpg




あ・・もうカメラで撮る暇も無いくらいあっと言う間に

テレビから降りて、こっちに向かう。

c0013922_16431987.jpg






そして、トレーの前に来て

「早くちょうだい」と待っている。

c0013922_16432438.jpg




これじゃもう、今更「撮っただけだよ」というワケに行かない。


少しだけ・・少しだけ、この餌に混ぜてあげようね


そうしたら、コジもダッシュで寄ってきて

二人で食べる食べる

c0013922_16433139.jpg





コジは特に大好物だから、がつがつ食べる。

c0013922_16434029.jpg




あんまり美味しそうに食べるもんだから

コタが「そっちのほうが美味しいんじゃないの?」と疑って

c0013922_16434960.jpg




同じトレーでもモグモグ

「コタ!だめでしょ、コジの分まで食っちゃ!また太るよ!」

c0013922_1643598.jpg





あああ、甘いな

やっぱり好きな餌、あげちゃったよ。

だけど、まだ残ってるのを食べさせないのも勿体無いし。

それに、好物と混ぜたほうが療法食も一緒に食べちゃうからいいんじゃない?


とかなんとか・・言い訳タラタラの過保護は・・・だめだね。


このストックが終わったら、もう、食べさせない。療法食だけにする。


あ、でも週末くらいはいいかな?

あと、お留守番をちゃんとできた時のごほうびとか・・(^_^;)


ああ、だめだ~(-_-;)

[PR]
by dansantokamisan | 2013-05-16 17:50 | 猫の話 | Trackback

cafe&kitchen  グラッセ 

ネット友の「ゆきちゃん」に教わって行って来ました♪

須坂のグラッセ

町の中にあるらしいので、駐車場は大丈夫かなと思っていましたが

空き地の入り口に「グラッセ」の看板が。

充分すぎるほどのスペースの駐車場がありました。

この道は、何度も何度も通っていたけれど、

こんなに目立つ看板に

今まで気がつかなかったのね~、不思議^m^

c0013922_1280100.jpg



さて、お店は?

空き地の奥に三つの切り妻屋根の建物が並んでいて

真ん中に大きな看板があるけれど・・

「多分、右側の白い新しい建物だろ」とダンさん

かもしれない・・蔵を改装したような感じだし・・

左のは改装して無さそうだしね。

c0013922_128868.jpg


c0013922_1281623.jpg




あ・・・違いました・・左側に「入り口」の矢印が^m^


え?こっち?どこ~~?

(でも、なんか嬉しい、この感じ♪)

c0013922_128237.jpg





建物と建物の間を入ります。

あ、もう、好き♪ この感じ(笑)

c0013922_1283036.jpg



入り口の引き戸もなんて大きくて立派・・

c0013922_1283671.jpg


店の中はまさに「蔵」

繭(まゆ)蔵だったそうですが、床も柱も土壁も

改装することなく、そのまま剥き出しになっていて、それがとても新鮮で素敵。

c0013922_128457.jpg


c0013922_1285148.jpg




店の中央に大きな吹き抜けの階段があって二階もあるようですが

店に入るとすぐに一階のテーブルに案内されました。


初めての店で、しかも気に入ると

ついついキョロキョロと「おのぼりさん」状態になってしまいますが

ここでも、立派は木組みや壁の土の剥き出しのままの豪快さに

席についてからも少し興奮(^^ゞ



c0013922_1338981.jpg





初めて来たので

やはりここは「おすすめランチ」を。


今朝は朝食をシッカリいただいたので、

デザートは要らないかなと思ったけれど

かといって、飲み物は欲しいし。


別にオーダーするくらいなら、いっそデザート・飲み物のセットにしちゃお^m^


私は「おススメ」のバジルハンバーグに。

ダンさんは、看板にも出ていた「熱烈ハンバーグ」に。

どんなのか見当つかなかったけれど、

二人で別メニューのほうがいいし^m^


ダンさんがパン、私がライス

飲み物はダンさんがホットコーヒー、私は珍しくアイスコーヒーを。

c0013922_1285782.jpg




注文してからも

店の中の様子が気になってウロウロする私。

念のために言っておきますが、

席の近くをちょっとだけうろついただけですから。



c0013922_129330.jpg


私が撮っていたのは、階段下のスペースに飾ってあった

5月人形と、昔の農具・・というか、台所用品でしょうか


c0013922_129946.jpg



c0013922_1291561.jpg


再び席につくと

お店の方(雰囲気のある女性)が

「観光の方ですか?」と話しかけてきたので「いえ、長野市なのですが・・」と答えると

その方が「カメラでお撮りに・・」と言いかけたので

一瞬、撮影禁止だったのか!っと思い

慌てて「スイマセン!」とカメラを納めようとしました。

すると

「いえいえ、そうではなくて・・」

と、言われたことは

食後のデザートとコーヒーは二階でのサービスになるけれど、

今のうちなら

まだ誰も居ないので、先に二階を撮って来てもいいですよ・・との事♪


え?いいんですか?

と大喜びで一足早く二階に行かせてもらって

思う存分撮らせていただきました。


もしかしたら、

他のお客さんがいる時に無神経に撮られたら困るから

今のうちに撮らせようと思ったのかもしれませんが~(^^ゞ


それでもありがたかったです♪m(__)m

紹介も差し使い無いと言って下さって感謝です。



いそいそと階段を上って・・・
c0013922_1292296.jpg




目に飛び込んできたのはこの空間

ここも「蔵の屋根裏」そのもので

レトロなお宝が並んでいて

ちょっとした博物館のよう。

c0013922_1292785.jpg


c0013922_1293365.jpg


このレストランの前身は「製糸場」だったそうで

この「まゆ蔵」は当時の面影を色濃く残しているのでしょうね

c0013922_1294475.jpg



c0013922_1295283.jpg



c0013922_1295951.jpg



c0013922_1210771.jpg



たくさん撮らせていただいてから

階下に戻ると間もなく

サラダがテーブルに並びました。


ランチのときのサービスだそう♪

グラスの底のドレッシングを野菜と混ぜていただきます。美味しかった♪

c0013922_12101670.jpg



これはお醤油差し・・きっとこれも「昔の品」なのではないかな

c0013922_1210249.jpg



ハンバーグが来ました。

これは、ダンさんのハンバーグ

アルミに包まれたままテーブルに置かれ、その場で開いてくれます。

そして「サワークリーム」を掛けていいか聞かれます。


c0013922_12103262.jpg



「あとは自分で大きく開けて、いただきま~す

c0013922_12104293.jpg



私のはハンバーグ

そう、バジルです♪

右の器はハンバーグ用の柑橘系のドレッシング

一口大に切ったハンバーグを

このドレッシングにつけていただくのが正しいようです^m^


じゃがバターもホカホカです。ちょっとお醤油をたらして更に美味しく。

c0013922_1210512.jpg




ダンさん側から撮ったバジルハンバーグ。

下にトマトが隠れていました♪

c0013922_1211081.jpg



美味しくて

あっと言う間に平らげた感があるのだけれど

実は見た目よりもずっとボリュームがあって、すでにかなりの満腹。

私はダンさんのライスの完食を手伝ってもらいました。


これはデザートが無くても充分満足できるなあ・・


だけど、きょうは「デザート付き」にして正解だったんです。

だって

デザートと飲み物はさっき撮らせていただいた二階で・・という

お楽しみがあるのですから♪

c0013922_1211871.jpg



c0013922_12111786.jpg



ダンさんと二階の席に移ります。

ダンさんも珍しそうにあちこと眺めています。

やがて、店の女性がデザートを持ってきてくれました

こんな感じ♪

c0013922_1211251.jpg





c0013922_12113397.jpg

そして、ダンさんのホットコーヒーは

こんな風に小さなコーヒーポットに。

一杯目はお店の方がカップに注いでくれて、あとはキャンドルで保温しておけます

c0013922_12114244.jpg



c0013922_12115085.jpg


ごちそう様と、店を出ると

さっき入ったときにはメニューが書いてあった外の黒板

「満席」のお知らせが。

そう、私たちが店に入ってすぐから

常連さんらしい人たちが来店し

予約の電話なども掛かってきていました!


ここは確かに・・噂どおりの人気店。

そして、噂どおり満足感の高いレストランでした♪

お腹いっぱい!


本当にごちそう様でした♪

きょうはランチを食べ過ぎたから、夕食は控えなくちゃ(^_-)-☆
c0013922_12115867.jpg



                                   cafe&kitchen グラッセ

                               〒382-0014 長野県須坂市 609
                                           026-248-9161                              
[PR]
by dansantokamisan | 2013-05-13 16:35 | そとごはん・そとカフェ | Trackback

コタ、怒る

昨日、コタの脱走騒ぎ がありまして・・

いえ・・「騒ぎ」です。


ただ騒いだだけなんですが(-_-;)

個人的に寿命が縮まった思いをしたもんですから・・


記録しておきます^m^

シリアスに書くかもしれないけれど

「騒いだ」だけですからm(__)m




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


父の一周忌のために横浜に二人で二泊三日。

二人揃って三日間も留守をするのは久しぶりなので

三日目は9時半頃横浜を出て1時半には着いた。


ただいま~~♪

シロウがまず出迎えてくれた。

コジはいつもの事だけど、ちょっと緊張(笑)

プチ人見知りしてから「なんだ、ヨソ者じゃないんだ」という顔。


で・・コタは?隠れてるのかな

いつもはコジより先に出てきて、文句言ってうるさいんだけど。


コッタ~~!ただいま~~!

コッタ~~!!


あれ?

返事がない・・


私が

猫砂の掃除や餌と水の補充してる間に


ダンさんが二階に探しに行ったのだけれど


「いないな~・・押入れや書斎も見たんだけど・・」


「屋根裏は?」


「覗いてみたけど、いない」



かくれんぼの好きなコタだけれど

いつも呼ぶと


「ここだよ!」っと

飛び出てくるのに

家中探しても、呼んでも・・・し~~ん・・


ダンさんが


「もしかしたら・・・ベランダから落ちたか、自分で飛び出したかも・・

それしか考えられない」と。(ベランダだけは出られるようにしておいた)



ええええ~~っ!!


そんな~~・・


今までそんな事したことないし、ベランダの柵は乗れるような作りじゃないし。


ベランダの柵の間からはあの太った身体は抜けられないよ!


ダンさんが「猫は顔が出れば、すり抜けられるから」と。


でも、無理!コタの体型は無理!



無理だけど・・・家の中に居ないとなると

それしか考えられない・・(T_T)


あんな高いところから降りるなんて・・・


コタのことだから、鳥でも追いかけるつもりで落ちたのかも。

もしかして怪我してるかも・・・

そして野良猫に追われて逃げて・・迷子になって・・・


食べ物もなく・・野良になって・・


あああ、コタの母親猫に申し開きが立たない(T_T)


そんなときには妄想が妄想を呼び


ロクな事を考えない(-_-;)



近所を見てまわったりしたけれど・・コタがノンビリ散歩しているわけがない。


時間ばかりが過ぎて行くけれど、コタの姿は見当たらず。


ダンさんは

「帰ってくるのを待つしかないよ」と言うけれど

私は少しもジッとしていられない。


その間にダンさんが何度もテレビをつけようとする。

コタの声や姿に注意が行かないからやめてくれって頼んだのに

どうしてもスポーツを見るとテレビをつけたんで


わたしゃ、その時は本気で腹が立って気持ち的にはもう完全シカト!

噴火するといけないんで

庭に出て草むしりしながらコタが現れるのを待った。

(コタは草むしりしてると、

草をお土産に持ってきてくれるのを期待して窓からじっと見ていたので)


夕方5時過ぎに母からの電話に出るためにテラスから家の中に入る

(コタが居なくなったと電話しておいたので)

「まだ居ないの・・・・いつ落ちたのかも判らないし・・・」


すると二階のほうからダンさんの


「コタ、いた~~~っ♪」という大きな声。


え?うそ!

どこに~~?

「家の中に居た~~~!」


ええええ~っ!

ほんと??

信じられなかったけれど、とにかく母に「コタがいた」事を告げて電話を切った。



コタは探したはずの屋根裏部屋にいた。

一番奥の荷物の箱の奥の奥に

文字通り「隠れて」いた。

ダンさんがダンボールをどかしてみたら

その奥にジッとしていた。




いつもはすぐに、うるさいくらいに反応して飛び出してくるのに

幾ら読んでも

屋根裏部屋に私たちが入って探しても

声も出さずに

じっと潜んでいたらしい。少なくても数時間は。



怒ったんだろうな・・たぶん


プチ家出をしたつもりなんだろうな、きっと


ダンさんが見つけた瞬間のコタを撮っていた。



昔「おかあさん猫」が居なくなって、物置の棚の一番奥に隠れていた

そのことを思い出した。


あの時のおかあさん猫と、同じような目をしていると思った。


コタ、ごめんね。寂しかったね。

それから、シロもコジも

ゴメンネ。


ただいま~。




あ・・・見つかってしまった・・
c0013922_17493598.jpg




ダン 「バカヤロウ、どこ行ったかと思ったぞ」
コタ 「バカタロウ、それはこっちのセリフだ・・」
c0013922_17494973.jpg

[PR]
by dansantokamisan | 2013-05-06 18:05 | 猫の話 | Trackback

かいまきタオル

横浜の実家で娘家族と会う事になってる・・・その二日前の事

娘からの電話で

「作って欲しいものがあるんだけど~・・」


キタ~ッ!! 


で、リクエストされたのが


「かいまきタオル」


何?それ・・


今までも

「スタイ」(よだれかけ)から始まって

「スリング」(だっこひも)

「フットマフ」(ひざかけ)

「チェアベルト」(椅子用安全ベルト?)

など、私の子育ての時には知らなかった単語を憶えたけれど

今度は

「かいまきタオル」


でも、この名称は今までと違ってなんとなく馴染み深い名前だわ


で、調べてみたら・・

およよ

別名スリーパーっていうんだね。

でも「かいまきタオル」のほうがわかりやすいね


要するに寝るときに着せれば寝相が悪くても

寝冷えしない・・っていう、まさに「かいまき」

これからの季節に「タオル地」で欲しいらしい。


既製品でも安く売ってるらしいけれど

「古タオルでもなんでもいいから、有り合わせでできる?」っていうのが

娘のリクエスト。

娘なりの節約?エコ?志向なんでしょうね。

二日後に娘に会うんだから、

それに間に合わせて作れば送料浮くな・・というが私の節約^m^


さっそく家にある材料をかき集めてみました




使い古しのバスタオル一枚

ちょうど可愛いクマさんの刺繍があったからワンポイントに使えるかな

50センチのファスナーも色が合うから使いましょ♪

c0013922_1132059.jpg






バスタオルを半分に切って・・その半分を
c0013922_11323167.jpg



熊さんの刺繍を中央に持ってきたいので

また半分に切る

はさみを当てて撮る辺り、わざとらしいショットですね~(笑)

c0013922_11322233.jpg







クマさんが中央になるように、切ったタオル地を並べて

ファスナーを置いて出来上がりをイメージ。うん、いい感じ。



でも~・・・このファスナー、昔買ったものだからか、ちょっと開閉してみたら

動きがスムーズでなく、これじゃ、着せるたびにストレスになりそうだな・・・と、残念だけど却下。

c0013922_1133812.jpg




ストックを探してみたら、スカート用のファスナーがあったので、予定より短いけれどこれを代用。

色もまあまあ合うかな。



c0013922_11325374.jpg




あとはもう、適当にチャコペーパーで線引いて・・服と違って型紙は取らないで適当です


c0013922_11332332.jpg




ザクザクと切ります・・こんなもんかな

かいまきですから、サイズなんて有って無いいようなもんです。
c0013922_1133698.jpg






ここまで、かなり適当でしたが

縫うときはちょっとだけ、こだわりました。


この画像、もう「できあがっている」ものなんですが


なんか裏返しに見えるでしょう?それが「こだわり」でした
c0013922_11333753.jpg




「タオル地」ですから

素肌に(お風呂上りなどに)使う場合もあるだろうから

縫い目が素肌に当たって気持悪くならないように、敢えて表地のほうに縫い目を出しました

c0013922_11331951.jpg





前あきで使ったファスナーも

直接肌に触れないように、


大人の前開きズボンにあるような「見返し」をつけました。
(ファスナーの後ろ側の布です)

これがあると、肌にファスナーが直接当たったり、食い込んだりしないで済みます)
c0013922_1133498.jpg




これをファスナーの裏から見るとこんな感じ。

こんな布がズボンの裏にもついてるでしょう?
c0013922_1133348.jpg



ちょい、マニアックっぽい説明になってしまいましたが

こうして無事に「かいまきタオル」ができて

(この日も作り終わって、即刻ジムに行きました・笑)

横浜で意気揚々と娘に手渡せました(^_-)-☆



縫い賃は・・


「仕事、早っ!」っと言われたことと

早速その夜から着てくれたSOUの

こんな可愛い仕草です♪

c0013922_2004494.jpg



c0013922_202128.jpg

[PR]
by dansantokamisan | 2013-05-05 21:02 | 「自己満足の手作り」の話 | Trackback

おかえり~♪


c0013922_19491478.jpg


3日間も留守して何してたんだよう~~


カミさんが居ないのは慣れちゃったけど

ダンしゃんまで居なかったのはどうしてだよう~~


寂しかったぞ~~~


コタがさぁ

ストライキおこしてたぞ~~



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなこんなの事件を後ほどアップしようかと(^^ゞ

[PR]
by dansantokamisan | 2013-05-05 19:50 | 猫の話 | Trackback