おかあさん猫(13)

「おかあさん猫」は実はオスかもしれない・・

その事実に家族が仰天したのは言うまでもない。


 (後からの話だけれど、獣医さんにその話をしたら

「こんな大きなメス猫は居ないよ」

と、一笑された。

大きさは決め手じゃないと思うけれど、この子は確かにオスだと証明された)
 




じゃあ、お母さんじゃなくて、「みい」のお父さんだったの?

と子供達。


うん、そうかもしれない・・と、一瞬私も思いそうになる。

いやいや、待て待て

彼女は・・いや、彼は(ややこしいな)

去勢されているんだから、父親にはなれないだろう

少なくても生物学的にはありえない

う~ん、なんだか性教育の域になってきたぞ。


・・・

ってことは・・この「おかあさん猫」と「みい」は

なんの血のつながりの無い赤の他人?


私は仲良くくっ付いている「親子」を、まじまじと見た。



そして、みいが家に来た当事の

「おかあさん猫」の必死さや、

子猫のそばから片時も離れないと決心した様子を思い出していた。


今の私なら、様々な猫を見ているので

猫の意外なほどの「人間っぽい」行動や生態にも驚かないけれど

あの頃は、いくら子供の頃、実家で猫を飼っていたとは言え

「猫との同居初心者」だったので

この「おかあさん猫」の今までの行動にただただ驚くばかりだった。


「おかあさん猫」は、生まれたばかりの「他人の猫」に

深い母性愛で接していた。

いや、オスだから父性愛か?そんなのどちらでもいい

この猫が、自分の子供でもない小さな命を守っていたことになんの変わりも無い。




だけど

仰天や感慨が一段落すると

私はこの猫が「去勢」されていること事実を・・・思った。


その去勢は、いわば「全摘」

「温存」とかではなく「部分切除」でなく、影も形も無い「全摘」

だから、私もオスだとわからなかった。

これも、あとで知ったのだけれど、現在は去勢もここまで形を失くすことは無い。

小さくはなるけれど、残存している。

だから、きっとこの猫が去勢されたのは、昔々のことだろう

昔、飼い主が去勢して・・そして

なんらかの理由で長い放浪生活を送ることになったのだろう


妙に人懐こい部分があるのも、それでだったかもしれない。

飼われていた猫が、野良として生活していくのは

どんなにか大変だっただろう


どんな思いで

血のつながらない「子猫」の面倒を見ようと思っていたのだろう






この猫は

その後も、勿論、我が家の一員として

私に「猫との付き合い方」を本当に様々な場面で教えてくれたし

大げさでなく、私の心の成長を助けてくれた。

そのエピソードの数々は、「おかあさん猫の話」の続きとして書こうと思う。






そうそう・・

オスと判った後の、この子の名前は・・・



家族全員一致で

「おかあさん猫」


驚愕の事実が判ってから

これ以上、この猫にふさわしい名前は

誰も思いつかなかった・・。

                                  「続・おかあさん猫の話」に続く
c0013922_941327.jpg



                                   
[PR]
by dansantokamisan | 2013-02-11 13:17 | 私が出会った猫達へ(過去の猫達) | Trackback

おかあさん猫(12)

私は、その後、猫の「性別の見分け方」を片っ端から調べた。

その頃の私はまだパソコンを使っていなかったので

専ら調べるのは「本」

「猫の上手な飼い方」などの本を片っ端から見た。


大体は「子猫の性別」の調べ方が書いてあるのが殆ど。

そりゃそうだ。

成長した猫の性別は調べるまでもなく一目瞭然・・・のはず・・

でも・・


私は「子猫の性別」の調べ方を読んでみた。

まだ「形状」のハッキリしない猫の性別の一応の目安・・


お尻の穴と尿道の穴との間隔が

オスだと広くて、メスだと狭い・・という事だった。

オスは二つの穴の間に「オスの形状」が膨らんで出てくるんだそう。


私は、おかあさん猫のお尻を観察してみた。


んん~・・・よく判らないけれど

よく判らないけれど、確かに広い気がする。

だけどその二つの穴の間には何もなく、全くの平ら。


でも・・あの三角錐の突起は???





そして

私は、結論を出した。




この

おかあさん猫は

 「去勢されたオス」 であると。



               続く

[PR]
by dansantokamisan | 2013-02-06 18:45 | 私が出会った猫達へ(過去の猫達) | Trackback

おかあさん猫(11)

我が家の一員となった、おかあさん猫が、部屋で日向ぼっこをしながら

足を広げて身体中を舐めていた。グルーミングという行為だ。

私はそれをボンヤリと見ていた。

勿論、今までだってグルーミングは

この猫も含めて初めて見るわけではないのだけれど。

おかあさん猫のグルーミングを見ながら、私は妙な違和感を覚えた。




猫にとっては身体中を綺麗にするのに例外の箇所はない。


で、そのグルーミングの時に

おかあさん猫の股間に妙なものが見えた。


書きながら、これどう表現したらいいかなぁ・・と躊躇している。

でも・・記録だから・・多分、一番大事な記録だから。


股間に小さな円錐形の突起物が見える。

これはなんだ?

普段は見えていなかったもの。

???

まさかぁ・・

外見の性別の判断くらい、私だってわかっている。

おかあさん猫は完全にメスの形状だったもの。

しかも、おかあさん猫は「子連れ」だったし・・


でも・・・じゃ、これはなんだ?


私の頭の中は途方も無いほどゴチャゴチャになった。



「おかあさん、あなた・・女だよねえ」

おかあさん猫がなんと答えたか・・・


勿論記憶に無い。

         続く

[PR]
by dansantokamisan | 2013-02-04 09:08 | 私が出会った猫達へ(過去の猫達) | Trackback

おかあさん猫(10)

おかあさん猫がそれまで我が家の一員になりきれていなかったのは

何もダンさんが承知していなかったからではない。

ダンさんは、「みい」が我が家に来てから、猫好きとまでは行かなくても

明らかに、以前とは違っていた。

おかあさん猫の事も次第に「居て当たり前」のようになっていたので

私が「飼う」と決めたら、すぐにそうなっていたと思う。


でも、私はなんとなくためらっていた。

大人の・・しかもずっと野良でいた猫を

「飼い猫」にする自信がなかったのかもしれないし

外で何をしているかわからない自由猫の

行動の責任を負うことにもためらいがあったのかも知れない。

あくまで外猫が、我が家に入り浸っているだけ・・・

そんな「逃げ」を作りたかったのかもしれない。



ところが、この猫が病気になり、寝ずの看病をすることになり

その後は過労で自分が倒れる・・


そんな猫との「濃すぎる関わり」を持ってしまったら・・

もうこれは私自身が「飼ってる」ということなんだろうな・・と観念した。・・のだと思う。

猫自身も自由の身で好きな時だけ来ればいい・・という立場から

こんなに世話になったんだから、

そろそろ本格的に居着いてやるか・・と観念した。・・のだと思う。



それからの、おかあさん猫は、みいに対して

24時間、寝るもの食べるのも、散歩に行くのもいつでも一緒で

本当に優しい優しい保護者をしていた。


おかあさん猫が家族の一員になってからは、「我が家の猫事情」が一変した。

今まで封印されてきたものが「解禁」されたように・・

時々他の名も知らない外猫も遊びに来て、

居間で一緒に寝そべっていたり食事をしていったり・・

あんまり平然と寛いでいるので

「きっと、この猫達、夫婦なんじゃない?」と

「おとうさん猫」と命名した猫も居た。


そうやって

他の猫の出入りも自然に歓迎する我が家になっていったのだが

その猫たちを面白そうに見ている家族の顔ぶれの中には

いつの間にかダンさんも加わっていた。




だが・・・

ある日、私にとって信じられないことが起きた。

                  続く

[PR]
by dansantokamisan | 2013-02-01 22:20 | 私が出会った猫達へ(過去の猫達) | Trackback

おかあさん猫(9)

長い間、野良猫として苦労したせいなのか

おかあさん猫は、かなり年を取って見えた。

毛並みも悪く、歯茎の色が薄く、爪の色も濁ってささくれ

肉球も皮が硬くて分厚く、ざらついている。

最近出産したとしても、人間で言えば「高齢出産」なのではないかと思わせた。

だからこそ、最後の我が子を溺愛しているのではないか..そう思わせた。

その猫が

寒い真冬のある日、病気になった。


いつ、どんな状態で病気だと判断したかは、これも記憶に無い。

多分、いつものようにウチに来て、そのまま体力がなく倒れたのだろう。

記憶にあるのは

食事も水も一切摂れない猫を、衣装ケースの中に毛布や座布団を敷いて

そのケースをコタツの中に半分くらい入れて

そこに寝かして、必死に看病したこと。

どのくらいの日数か憶えていないけれど

徹夜で・・少なくても私は寝室には行かずに、コタツで猫と一緒に寝たこと。


正直言うと、この猫は死ぬだろうと思った。そのくらい弱りきっていた。

死ぬときくらい、家の中で、暖かいところで死なせてやりたいと思った。

死ぬ時くらい、じゅうぶん看病して、看取ってやりたいと思った。

ダンさんもそう思ったはず。

この猫を家で看病をすることに

何も文句を言われた記憶は無いから・・。





勿論、この話の流れとして想像できるように

猫は、その後、奇跡的に回復した。

何日目かに、水を飲み、フラフラとトイレに立った。

それから少しずつ食事もできて・・・



そうだ!今思い出した。

病気になってから用意した、いつもより高い猫餌を食べられたのだった!

死ぬだろうと思いながらも、なんとか生きさせたいと、必死だったっけなあ・・

寒い季節だったなあ・・と思う。


こうして猫は奇跡的に回復した。



そして・・・


代わりに私がその後すぐに寝込んだ。

コタツでの寝起きと睡眠不足と、その後の猫が回復した安堵感とが

一辺に身体に来たのは明々白々だった。



何年ぶりかの高熱で、何日か動けなかったっけ。

ぼんやりと、あの「高熱のだるさ」や

ベッドの中で「参ったなあ・・・」と思っている自分を憶えている気がする。

大事な会合にあの時出られなくて申し訳なかったなと思ったことも、今、思い出した。


でも多分、寝込んだことの辛さはなかったんだと思う。

家族が周りにいてくれたから。


ダンさんと、 子供達と、 「みい」と

もう一人・・いや、もう一匹

回復した日から名実ともに

我が家の一員になった「おかあさん猫」と・・・


                 続く

[PR]
by dansantokamisan | 2013-01-30 09:45 | 私が出会った猫達へ(過去の猫達) | Trackback

おかあさん猫(8)

その「半野良、半飼い猫」のような中途半端な猫が

なぜ正式に我が家の猫になったか・・の話。


多分、今思うと「なんとなく、流れの中で・・」

なのだとは思う。それが正解なのだとは思う。

寒い寒い冬が来て

庭で住んでいて、しかも人に懐き、家に入りたがっている猫を

入れないわけが無い。

きっと、当時は昼間だけでなく、夜も頻繁に「お泊り」していたのだろうと思う。

ダンさんも、きっと諦めていたんだろうと思う。

何よりも、我が家の猫「みい」に対する、この猫の母親振り、母性本能の強さを

目の当たりにするうちに、引き離すのは不憫と思うようになったのだろう。

本当に、それは見ていてもいじらしい位だった。


でも

そういう、殆どウチにいる猫・・であっても

私たちの中ではあくまでも「みい」のおかあさんが

年中ウチに遊びに来ている・・そういう位置づけで見ていた。

ウチで2匹飼っているという認識は無かった。

その証拠・・というのも変だけれど

ここにこんなものがある。

一通の年賀状。

我が家の、その年に作成した年賀状だ。

我が家の年賀状の歴史の中で初めて「猫」が登場する。

c0013922_22203326.jpg


判りにくいが息子が抱いている猫が「みい」

そして「みい」にセリフを言わせている部分をアップするとこんな感じ。

私達家族の名前の後に「&みい」と加えている。

c0013922_15433648.jpg


この時(作成したのは12月中旬)には、

既におかあさん猫は、うちに殆ど入り浸っていたはずだけれど

年賀状には「みい」しか居ない。

まだ、我が家の猫とは認めてもらえてなかったことになる。


では、いつから?


お正月も明けたある日・・2月にはまだなっていなかったと思う。

信州では一年で一番寒い季節であったことは間違いない。



おかあさん猫が、病気になった。

            続く

[PR]
by dansantokamisan | 2013-01-24 09:08 | 私が出会った猫達へ(過去の猫達) | Trackback

おかあさん猫(7)

あの夜・・

あの、おかあさん猫が膝の上で寒さに震えていた、あの夜・・

その後、どうしたか・・ここも記憶がないのだ。

書いていて肝心な部分の記憶が飛んでいるなと

我ながら苦笑してしまうが、これはフィクションではないから

記憶の「抜け」を創作で埋めるわけには行かない。



ただ、言える事は

あの夜のでき事は、

この猫の境遇を変えたキッカケだからこそ、

今でも記憶に残っているのだと思う。


その後の「おかあさん猫」は、「常駐」ではないものの

時々、家の中で、子猫と一緒に食事をしたり

一緒にソファの上で昼寝をしたりしていたと記憶している。


夜、ダンさんが帰って来て居間に入ってくると

一瞬、ダンさんと猫が目を合わせ、睨みあって

それから、親猫が頭を低くして

ダンさんを上目使いに見て後ずさりしながら

外へ出てしまう・・そんな姿も今では懐かしく思い出される。



今では考えられないけれど

ダンさんは猫が苦手であった。


ダンさんに非常に懐いていて、ダンさんと「かくれんぼ」までして遊ぶ

我が家の「みい」以外の猫は苦手であった。


                  続きはこちら

[PR]
by dansantokamisan | 2013-01-23 00:00 | 私が出会った猫達へ(過去の猫達) | Trackback

おかーさん猫(6)

子猫が我が家に来て以来、うちの裏庭にすむようになった親猫

いつの間にか、私も子供たちも、その猫の話をする時には

「おかあさん猫」と称していた。

食事も、なんとなくあげるようになり、裏のコンクリートの犬走りには

猫の食事用の容器を置くようになった。


秋も深まって、信州はそろそろ冬の準備。


ある寒い晩

裏の戸を開けて、いつものように食事をあげようとすると

おかあさん猫が、「にゃ~・・」と鳴いて、

しゃがんでいる私の膝の上に乗ってきた。

そして・・

寒いのだろう。

小刻みに震えて、

膝の上で顔も私の脇の下に隠すようにして身を縮めている。

その身体の冷たさと、

それ以上に、

ヒヤリと冷たい肉球の感触を、

私は多分、今でも憶えている。




「ダメだよ」

それを見ていたダンさんが言う。

そのまま私に任せていたら、「まずい」と思ったのだろう。

「だって・・」

そう言いながらも、膝から下ろそうとすると

その猫は全身で抵抗して、膝からおりようとしなかった。


膝の上で、私を見上げながら

「お願いです・・・」と言っているように見えた。


         続きはこちら

[PR]
by dansantokamisan | 2013-01-22 09:28 | 私が出会った猫達へ(過去の猫達) | Trackback

おかあさん猫(5)

初めて飼うことになった「みー」の話は、後ほど書くことにして

今は話を、この章のを主人公「おかあさん猫」に戻そう。




子猫を我が家で世話をすることになってから

家の周囲から、その親猫が離れなくなった。

テラスに来てはウロウロ、裏に回ってはウロウロ

どうやら裏庭のどこかで寝泊りしているらしい。


(多分、私のことだから、時々餌をあげていたような気もする)

子猫を家に入れたダンさんは・・子猫の愛らしさに負けて家に入れたものの

猫全部が好きになったワケではない。

外をウロウロする大きくて決して綺麗とは言えない猫を気嫌いしていた。

ある日、ダンさんが刈った草を裏庭に山積みにしておいたら

翌日、その山の中央が凹んでいた。

ダンさんは、面白くない顔をして

「あの猫がここを寝床にしたんだ!」

そういって

猫がベッドにしていた山を足で壊してしまった。


親猫にも、そんなダンさんの気持が通じていたのだろう。

以後もダンさんを見ると、上目遣いになって後ずさりしたものだ。


ダンさんはこの猫に邪険にしたけれど

私や子供たちは、この親猫・・

家の庭に住み着いた猫をなんとかしたいと思うようになっていた。

だって、家で飼うことになった猫のおかあさんだもの。


              続きはこちら

[PR]
by dansantokamisan | 2013-01-21 00:00 | 私が出会った猫達へ(過去の猫達) | Trackback

おかあさん猫(4)

「あの猫の子供なんだ!」



子猫も、裏口のドアの下方の隙間に顔をおしつけるようにしてキュンキュン鳴いている。

今の我が家だったら・・今の私だったら、

迷わずその親猫も家に入れてしまうけれど

その時点での私は「大人の地域猫」を家に入れる・・

という感覚を持っていなかったと思われる。

と、言うよりも

多分、この子猫の寒さを凌ぎ、

空腹を満たせてあげたら親に返せばいい・・と思っていたかもしれない。

昔の話なので、そこのところの自分の心理も非常に曖昧。


翌日の夜、ダンさんが出張から帰ってきた。

私や子供達は、いつもの歓迎ムードと微妙に異なる気持ち。

そりゃそうだ。

ダンさんの出張中、ダンさんの苦手な「動物」を家に入れてしまったのだから。


とりあえず、居間には入れずに、

裏口の土間部分に箱を置き、中に毛布を敷いてそこに猫を入れた。


あの日、ダンさんがどういう顔をしたか

どういう風に言ったか、私や子供たちがどうしたのか、正直記憶に無かった。




で・・


で、たった今、ダンさんに尋ねてみた。

「あの日のこと、憶えてる?」


ダンさんは

「うん、憶えてるよ。みー(後にその子猫につけた名前)はあそこにいた」と

裏口を指差した。


憶えているんだ・・・




あとは、ダンさんが、たった今、私に言った言葉をそのまま、載せることにする。




「出張から帰ってきたら、三人が嫌に緊張してるから、

『どうした?』って聞いたら・・

裏で『ニャ~』って鳴き声がした。

で、(カミさんが)猫を部屋に連れてきたら、その猫が、俺のひざの上に乗ってきたんだ」




な・る・ほ・ど

そうだったのか・・


子猫がダンさんの膝に乗った後のダンさんの顔や、その後の言葉

子供たちの表情や歓声を・・

記憶に無いけれど、勝手に想像して勝手に暖かな気持になっている。


あ・・・

いつの間にか「おかあさん猫」の話から「みー」の話になってしまっている。


いろいろな猫が交差した我が家だからね。


話も交差しながら、進んでいくのだろうね。

                   続きはこちら


[PR]
by dansantokamisan | 2013-01-20 13:40 | 私が出会った猫達へ(過去の猫達) | Trackback