カテゴリ:夫婦こぼれ話( 31 )

愛妻弁当のわけ?


きょうの長野の最高気温予想が29度。

久々に20度台になりました♪

段々とこうやって涼しくなるのかなあ・・

この夏の暑さは尋常じゃなかったから、少しホッとするけれど

その反面、寂しくもあって・・勝手だよね、我ながら。

だって、秋の次は冬でしょう

・・本当に寒いのは嫌いなんです・・・8月生まれだからかな?




きょうもダンさんはイソイソ(笑)と

「愛妻弁当」を持って会社に行きました^m^

結構喜んでるみたいです(笑)


昨日も書きましたが

お弁当を持っていくことにする前の一ヶ月間

周囲の同僚の様子を見て

いろいろ(ラーメン屋さんとかホカ弁とか)試していたのですが

試してない方法がひとつ有ったのです。

それは・・

「お昼を食べにうちに帰ってくる」

何それ?

でも・・それも「あり」みたい・・(-_-;)

そりゃそうだ、お昼休みは自由だもの。

現に帰る人もいるらしいし・・

ダンさんも車通勤だし、近いし、可能と言えば可能(~_~;)


可能だけど・・・

私には無理でございます~~~~

私、お昼頃は、ほぼ家にいませんから~~!

残念!


時々、友人たちが

「お昼、(主人が)帰ってくるから御飯の用意しないと」とか

「子供のお昼を作らないと」って言ってるのを聞き、

本当に偉いなあ・・って思っているのですが、

私はみんなみたいに偉くないですから~~!

残念!!



で、ダンさんが本気で「家に帰る」を試すと言い出さないかと

内心、ヒヤヒヤドキドキオロオロ(~_~;)



そんな時に話に出たのが「愛妻弁当」

あら、お弁当?

いいわいいわ、全然OK!♪

毎日帰ってくる事を思えば

お弁当作り、もうもう喜んで~~~♥^m^



という、ちょっとした「内心のイキサツ」が、

この愛妻弁当にはあったわけで・・・(^^ゞ




でも・・・・よ~~く考えたら

ダンさんはお昼に私がいないのも百も承知。

しかも私のジムライフは全面協力してくれてるから

今更、お昼を家で用意してくれなんて言うわけない。

(今回のジムの「二足のわらじ」も躊躇してる私を押してくれたのはダンさん)


だから

お昼に帰ってくることがダンさんの選択肢にあったとは到底思えない。

なのに、匂わせたってことは・・・・・


さては私・・・はめられたかな?


お弁当作りを面倒がらず

積極的に「作りたい」って流れに・・乗せられたかな?

・・・・(^^ゞ

ま、いいか(笑)


朝、お弁当作って

きょうも私、堂々とジムです(^_^)v







c0013922_08002198.jpg
今日も一日

笑顔になれる出来事が

ひとつ以上ありますように!


[PR]
by dansantokamisan | 2016-09-07 09:29 | 夫婦こぼれ話 | Trackback

送別会三昧

やっと週末。

でも、ダンさんは先ほど

実家の断捨離関係の事で出かけました。


今週のダンさんは本当に忙しかったなあ

先月から続いているのだけれど、今週は特に

ほぼ毎日、多方面の方に送別会を開いていただきました。

まだ来週も・・そしてどうやら

職場が変わってしまう来月も「送別会」がありそう(笑)

昨日は送別会の帰りに寄ったお店のマスターが

職場が変わるのを知っていたって(^^ゞ


あり難いね。嬉しいね。

いろいろなグループに送別会をして貰えて。


横浜の母にそんな話をしたら

それはダンさんの人徳だよ、と言われました。

そうかもしれない。

ダンさんは

お金持ちとか、出世街道とか・・

そういうものには縁が無かったし、これからも縁が無いけれど

それより何より「人」に恵まれていたなと思う。

打算や損得勘定のない「人」に。

そして、それが一番の財産だと思う。

そして、それは・・母が言ってくれたことと通じるかな。


毎日毎日送別会

有難いけれど、飲みすぎは注意してね。

それだけは心配だから。


でも、ダンさんはダンさんで、心配な事があるようだ。

「(自分が夜いなくても)ちゃんと夕食を食べろよ」


一週間が終わって・・振り返ると・・

ダンさんの心配は的中(^^ゞ

今週は夕食らしい夕食、殆どしなかった^^;

自分のためだけに料理をするって・・私はダメなんだわね。

食べてくれる人がいないと甲斐がないよね。


今日は久しぶりに、「ちゃんと御飯」を作ろう。


今日も一日

笑顔になれる出来事が

ひとつ以上ありますように♪


[PR]
by dansantokamisan | 2016-07-16 09:49 | 夫婦こぼれ話 | Trackback

GW終わりま~す

10連休だった人には敵わないけれど

ダンさんもカレンダー通りの予定が、

急きょ6日の金曜日にお休み取れて

後半は6連休という奇跡的な時間が取れた^m^

2日夜から4日までは横浜

あとはドライブしながらアチコチ

そして最後の日の今日は、

家でそれぞれやりたいことをしてノンビリ

二人で出かけるのも好きだけど

最近、家の居心地がすこぶる良くなって

こういう時間も悪くないなあ・・・と。


でもきっと、「期限付きの連休」だから・・なんだろうね。

期限の無い連休になったら(いつかは来るリタイヤだけれど)

果たしてどうなんだろう

数年前は本当に「これじゃまずい」って思ったことあったなあ(笑)

でも最近はちょっと違う。

ダンさんは

趣味が驚異的に広がって、

生活がメリハリ出て楽しそうになったし健康的になったし。

そんな彼を見て私も楽しいし。

毎日が日曜日も悪くないかなぁ・・ってチョット思うようになった。


なのに、仕事が予定よりずっと伸びそう(笑)

しかも結構(新天地を)楽しみにしてる風だし^m^

そんなもんだね、人生。

だから面白い。


時々お休みでも、毎日お休みでも

どっちでも楽しめる、そんな夫婦になりたいね


きょうでGWが終わり


お昼はダンさんに冷麺作ってもらったし。

昨日のお昼は素麺作ってもらったし。


GWの〆の夕食はダンさんの好物のトンカツにするよ

なんちゃってトンカツじゃなくて、ホントのトンカツだよ

東御市の白石精肉店で買ったヒレ肉だよ(^_^)v



オマケ画像は

久しぶりに昨日の夕食と、

それから今日のお昼の盛岡冷麺

c0013922_16452428.jpg


c0013922_16453946.jpg





あと~・・・

母への業務連絡みたいなもんですが

これが「切らずに作った作り帯」です。

切ってないから元へ戻せるの。

こんな着物を着るための色々な事、最近ハマってます^m^



c0013922_16464227.jpg

[PR]
by dansantokamisan | 2016-05-08 16:52 | 夫婦こぼれ話 | Trackback

迷台詞?

前の記事、途中で脱線しちゃってごめんなさいm(__)m



気をとりなおして、あの続きから。
えっと・・なんだっけ・・そうそう

二人ともコミックが嫌いじゃなかったし、
子供の頃も青春時代も、そして結婚して家族が増えた時代も
コミックに関係したエピソードがそれなりにあったのよ・・って話です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


突然ですが

私達夫婦に、初めて子供が生まれたのは
1980年の夏でした。

はい、息子です。

結婚して長野に住んでいましたが、出産は横浜で。

出産の知らせを受けたダンさんが、

特急電車に乗って(当時は新幹線はなかった)横浜の病院に駆けつけたのは

出産からどのくらい経ってからだったかな・・

病室(6人部屋だったと思う)に入ってきたダンさん

私の枕元に来て、手を握って、こう言った。

「痛かったか?」

私、こう答えた

「うん、痛かった」

そして二人で笑った。


ダンさんが帰ったあと、

同じ病室の新米ママさんたちが騒いだ。

「ひゃ~っ!カミさんの旦那様、優しい~!

開口一番『痛かったか?』だって!!

『うん、痛かった』だって!!」



私は・・笑うっきゃなかった(^^ゞ

.............


当時、二人の間でブームになっていたコミックがあります。








c0013922_20380197.jpg
「垣根の魔女」

この当時、「三丁目の夕日」と並ぶマイブームだったんです。

三丁目の夕日は後に、「ALWAYS三丁目の夕日」というタイトルで映画化されました。

垣根の魔女もそれに匹敵するくらい・・

いえ、それよりも更に、昭和庶民テイスト満載だったんだけどなあ・・

「意地悪ばあさん」とキャラが被った印象があるのかなあ・・

ま、それはともかく

二人が大好きだったコミックです。

当時、「ビックコミックオリジナル」に連載中だったと思う。

その一話の中に

こういうシーンがあるんです


c0013922_20383695.jpg


小さくて見えない?

じゃ、もう少しズームイン



c0013922_20381973.jpg

読めます?

ある若夫婦の会話

出産したばかりの奥さんの病室に行った旦那さんが

「いたかったか」って聞くと

奥さんが「いたかった」って答えてる。

そして「おめでとう 80年... 新しい年」ってト書き



もうお分かりかな

ダンさん、病室に入ってきたとたん、これをやったんです

勿論、打ち合わせ無しです(笑)

でも、私、すぐにわかっちゃって

「うん、痛かった」って答えたんです。

(今でも、ダンさんはあの時の私の反応の良さに驚いたって)

周囲はひゃ~ひゃ~と騒いでましたが

実はそういう事で(^^ゞ

でも、あの時の二人の間のテレパシー、

意外に強かったような・・

ふざけた思い出だけど、大事な思い出です



(三年後の夏の娘の出産の時は、またカラーの違う
濃い思い出が・・それはまた、別の話^m^)




[PR]
by dansantokamisan | 2015-04-13 21:10 | 夫婦こぼれ話 | Trackback


自家焙煎がマイブームになってるダンさん


あれから益々熱を帯びてます。


お休みの日は、とにかく「ナマ豆」を買いに行って


帰って来てからキッチンでフライパン片手に豆を煎ってます。


私としては、そういうダンさんを見るのが好きなのですが


ただ・・後片付けが今一歩なんですね~


フライパンで豆を煎ると、皮がむけるのですが


その皮をフライパンの外に吹いて出すんです。

だから、煎り終わった後のレンジ周りは

もう皮・皮・皮(笑)

床にも皮・皮・皮^^;

勿論、それを掃除もしてくれるんだけど・・

イマイチなんですね~^^;



そうしたら

きょうは裏庭に三段ボックスとカセットコンロを出して

そこで煎ってました^m^

心置きなく、皮が飛ばせるって(笑)


まぁ、きょうみたいな気候のイイ時だからできること。

がんばってね。


なかなか絵になるよ。




ねえ、やっぱりお腹、引っ込んだよ♪

やったね^m^


c0013922_1403822.jpg

[PR]
by dansantokamisan | 2014-09-27 14:23 | 夫婦こぼれ話 | Trackback

きょうは何の日?

ダンさんが帰って来てすぐに

「きょうは何の日?」と、私に振って来た


あっちゃ〜(・_・;) 

私はダンさんからの、その手のツッコミが苦手だ。


ちょうどダンさんが、私から

「ネェ、なんか、気が、つかない?」って

言われるのが苦手なのと同じくらい、苦手だ。

ダンさんが、そういう時に目をキョトキョトさせて、頭をグルグルさせて、

「美容院で髪型変えたのかな?

それとも部屋の家具の位置を変えたのかな」

と、必死に考えるのと同じくらい

きょうの私も

「えっ?きょうは何の日だ?えっと・・」と、必死に頭を働かせた。


ダンさんが私に問うのだから、なんかの記念日なのは間違いない・・

えっと・・結婚記念日じゃ無論無いし・・


クイズ番組で時間制限の中で

答えを求められてるみたいだ(笑)

カチカチカチ・・・


う~んう~ん・・ダンさんがワザワザ言うってことは・・

あ・・・


もしかして・・


「ライムライト?」



そう!!


ダンさんが嬉しそうに言った


そして


「40年だよー」って手の指を4本、私の目の高さで立てた。



そっか・・


もうあれから40年か・・


なんかなあ・・そうかぁ・・


ダンさんが書いた

「チャップリン」から40年です

[PR]
by dansantokamisan | 2014-03-06 21:04 | 夫婦こぼれ話 | Trackback

きょう買ったブルーベリージャム

ダンさんが、蓋を開けようとして、うなっている。

それでも開かないので、スブーンで蓋を叩こうとしてる。

(私)・・・貸してみぃ

 ん!(手指に力を少し入れた時の気合い)

カチッ!・・・開いた・・

ダンさん、ひと言・・

「スゴイ^^;」」

褒められた?

あんまり嬉しくない。


c0013922_22281085.jpg

[PR]
by dansantokamisan | 2014-02-21 21:33 | 夫婦こぼれ話 | Trackback

昨日は、このビタミンにも書いたように

私たちの「結婚記念日」

夕べはワインとお気に入りの地ビール「水曜日の猫」を飲みながら

ダンさんと昔の話やこれからの話など・・いろいろ。

なんせ、結婚してから、自分たちでもビックリするくらいの

長~~い時間が経ってますからね(笑)



...............


雑記帳・・というコーナーが

「ふるむ~んな日常」(本拠地HP)のカテゴリーの一つにあります。


HPを開設した時、記事にする温泉記も殆ど無い状態の中で

入れたカテゴリーで

今では殆ど更新もないけれど、

実は私の中では一番くらいに大事なカテゴリーなんです



そこに、一番初めに・・HP開設当初に載せたことが

ちょうど結婚記念日に関する内容でした。


そんな事があったね~・・と

二人で思いを馳せて・・そこに登場した姑の話にもなって・・

思い出深い結婚記念日になりました。



できるだけ前を向いて歩くのが大前提だけれど

時々、立ち止まって、

後ろを振り返りながら今まで二人が歩いてきた道を心で辿るのも

たまにはいい事だと思いました。

雑記帳は、そんな時に、とても役に立つものかも・・と

改めて思いました。大事にしなくては・・



読んでくださった方もいらっしゃると思いますが

昨日、二人の間で話題になった記事・・・改めてここにリンクさせてください。


大事な大事な思い出です。(画像は雑記帳の記事の時のもの)


雑記帳「姑の話」 (クリックすればそのページに行きます)




c0013922_9425416.jpg

[PR]
by dansantokamisan | 2013-11-07 09:55 | 夫婦こぼれ話 | Trackback

きょう、ジムに行くのに車に乗ってエンジンを掛けたら

なんかいつもと違うメロディ?と共に

ナビの画像がこんなのに!!!

なにこれ~??びっくりした~!

なんでナビが私たちの結婚記念日を知ってるんじゃ!

不思議~~(^_^;) 



c0013922_1749432.jpg

[PR]
by dansantokamisan | 2013-11-06 17:50 | 夫婦こぼれ話 | Trackback

「いってらっしゃ~い」


いつものように玄関でダンさんを送り出し

ほんのわずかな距離・・角を曲る所まで玄関の大きな窓から見送る。


角を曲るとき、ダンさんがチラッとコチラを見て

「行ってきます」と心で言っているのがわかる。

私も窓のカフェカーテンを大きく動かして

「行ってらっしゃい」の合図をする。

近所の人が、たまたま通りにいるときは

ダンさんは照れくさいのか

こちらを振り返らない代わりに

腰のところで、手を私に向けてこっそり振る。



ちょっとした喧嘩したときも、その習慣は変わらず


だけど、大喧嘩のときは、さすがに私は見送りに行かず

そんな時もダンさんは必ずしばらく玄関で待っていて

それから大きな声で「行ってきまーす」と行って出かけていく。



今朝、ダンさんを見送りながら

ふと、結婚当時、朝ドタバタしながらダンさんを見送っていたことを思い出した。

近くに住んでいた義父が、毎朝家まで迎えに来て、一緒に駅まで出勤していたっけなあ・・

義父が来るので

毎朝、ダンさんの身づくろいの手伝いの他、私も身づくろいしなくちゃいけなくて

慣れるまで慌しかったっけ・・なんて。


あの頃って・・

思えば、今の息子や娘の歳より、ずっと若かったんだなあ・・




頭の毛がすっかり白くなって、

体型も丸くなって「おじさん」になったダンさんを見送りながら

いろいろな事が頭によぎって

心によぎった言葉は、微塵の迷い無く


「ありがとう」



色々ありすぎるくらいあったけれど

今もいろいろあるけれど


こうして今日も

普通に

ダンさんを見送ることのできることに・・ありがとう





きょうは

私たちの何十何年目かの結婚記念日です

[PR]
by dansantokamisan | 2013-11-06 08:26 | 夫婦こぼれ話 | Trackback