2017年 05月 03日 ( 1 )

先日、横浜に行った時に立ち寄ったカフェ?お店?を少しだけ紹介。


「まめや」という、焙煎したての珈琲を売っている(カフェもしている)お店です。

実はここを知ったのは今年になってから。

テレビのドラマで渡辺謙さん主演の

「しあわせの記憶」というのを観た時に

その中で結構重要なロケ地として出ていたのが

この「まめや」なんです。

いえ、もっと忠実に言うと、このドラマの番宣で渡辺謙さんが

ドラマ中の「まめや」は

実際に横浜にあるお店をそのままお借りして、

焙煎の事などを店長さんに指導受けたと言っていていたので

(ドラマよりそのお店に)とても興味があって観たんです。

そして、そのお店がとても素敵だったので調べてみたら・・

あら、実家の近くじゃありませんか。

これならすぐに行かれるわ・・というわけで行って参りました。


「珈琲焙煎問屋 まめや本店」


c0013922_17262064.jpg
「まめや」は伊勢佐木町というところにあります。


伊勢佐木町・・ある程度歳を重ねた方は、

この町の名前で思い出す歌がありません?

そ、青江三奈さんの「伊勢佐木町ブルース」ですね。

あのハスキーな声でのため息から始まる・・・・ヒットしましたよね。

その伊勢佐木町です。

ちなみに、

私が闊歩していた時代には無かった、こんな碑があるのを最近知りました(^^ゞ





c0013922_17231334.jpg

グランドピアノの中に伊勢佐木町ブルースの楽譜と、マイクを持つ青江三奈さん。

ちなみに、下の赤いボタンを押すと、御本人の歌が流れてきます(^_^;)

私たちが撮った時、やはりカメラを向けていたオジサマがいて

ボタンを押して歌を聞かせてくれながら、

御本人も歌っていました。ファンだったのかな(^^ゞ


私は横浜を舞台にした流行歌なら、

いしだあゆみさんの「ブルーライトヨコハマ」が好きでした^m^


あ、話が逸れ逸れ・・(・_・;)



「まめや」の話しに戻ります。




c0013922_17202399.jpg
店内は(外にもですが)

コーヒーの焙煎している音と香りが充ちています。








c0013922_17214721.jpg
そうそう

珈琲の焙煎の香り・・って、豆を挽いた時の香りとは違うんですよ。

中には珈琲の香りは好きだけれど

焙煎している時の香りは苦手・・という方もいると聞いたことがあります。

私たちは、どっちも好き。

でなけりゃ、年中焙煎してて香りが充満してる我が家には住めない(笑)

ここは何種類もの豆をナマのまま置いてあって

それをお客さんの注文の煎り方でその場で焙煎してくれるのです。

だから焙煎を待ってるお客さんや、焙煎できるまで珈琲を飲んでいる人

それからカフェとして訪れて寛ぐ人・・

などで狭い店内は結構混み合ってます。


c0013922_17223128.jpg

私たちも豆を焙煎してもらっている間に珈琲を注文しました。

いえいえ、うちは焙煎はしてもらいません。うちで煎るから(^^)

・・・今、書いていて思ったのだけれど

「自家焙煎」が売りのお店で焙煎してもらわないで生豆を買うのって、

お店の人にとってはどうなんでしょう?

・・でも、きっとそれも嬉しいはずですよね。

自家焙煎の楽しさや良さを解かってる人がいるってことですもの。

ダンさんも豆を買う時に店長さんとフライパンで煎るときの話をしてました^m^



c0013922_17255013.jpg



とても混んでいたので躊躇したけれど

1枚だけでも撮りたくて、そっとお願いしたら

気さくに快くOKしてくださったので、カメラを向けさせていただきました。

お店全体の雰囲気は・・どうぞ実際に行って見てください。


渡辺謙さんからの、

撮影の時にお世話になりましたという丁寧なお手紙も展示されていました。

渡辺謙さんって達筆なんですね~♥


買ってきた豆は、これからハンドピックして煎るので、まだ味わってません^m^

楽しみ~!

あ、そうそう!

豆は200グラム買ったのですが、

ナマのままでという事で、50グラムもオマケしてくれました♪






昨日のお弁当画像

きょうから5連休だからしばらくお弁当は作らなくていいんです(^^)

c0013922_15462976.jpg


まめやさんのHPです↓



[PR]
by dansantokamisan | 2017-05-03 11:44 | そとごはん・そとカフェ | Trackback