我が家のお雛様2017


先日・・3月4日のブログで

以前飾ったお雛様の画像だけ貼って

「今年は飾らないけれど」と書きました。


本当にそのつもりだったのだけれど

カナダからのお客様がみえる時の

我が家流のおもてなしを考えた時に

ちょうどこの時期だし、私の古い古いお雛様を飾って

お見せするのもいいかも・・と、急きょロフトから出して

何年振りかに飾ることにしたのです。

c0013922_13412826.jpg

和室はお客様の寝室になるので、

今回はリビングの古い箪笥の上に飾ろうと思います。




c0013922_13411703.jpg
何年振りだっけ・・

ますます痛んでいるだろうから、そっと慎重に出さないと・・

箱から出す前に写真撮っておかないと。

しまう時に順番がわからないと、収まり切れなくなるのよね。








c0013922_13413413.jpg

部品?並べてみました。

さて・・ここから組み立てです。





c0013922_13414007.jpg


置いてみたら・・

あ、箪笥の幅とピッタリ!



c0013922_13414877.jpg
順番に組み立てて・・

以前、組み立てた時には、もっと歪んでいたような気がして

あと何回飾れるかなと思っていたのだけれど

なんか前より骨組みがシッカリしたみたいな・・持ち主と同じか(笑)





c0013922_13415427.jpg
画像じゃ良く判らないけれど

全てのパーツが釘を使わず嵌め込み式になっていて

もちろん、全て木と紙と布でできていてプラスチックなんかない。



c0013922_13420370.jpg


昔の物って素晴らしいなと思う。





c0013922_13420861.jpg
娘の初節句の時も

こんなに素晴らしい雛壇は今は手に入らないから

新しいのを買ってもらわないで、このお雛様を受け継ぐことにしたんです。

順番に組み立てる中で

そういういろいろな事を思い出して・・

とてもいい時間・・





c0013922_13421788.jpg








c0013922_13422110.jpg







c0013922_13423010.jpg



御殿ができあがった

さて、お内裏様とお雛様

お待ちどう様でした




c0013922_13423470.jpg


持ち主と違って

私の元に初めて来た時と同じ美しいお顔が

少しも変わらない



c0013922_13424349.jpg
ダンさんの母の形見の古い箪笥に

サイズだけでなく雰囲気もピッタリ

まるであつらえたよう。



私が生まれて、私の母方の祖母がお祝いで贈ってくれて

毎年母が大事に飾って大事に仕舞っていたお雛様・・

7段飾りの一番上にこの御殿を飾るのだけれど

長野に持ってきていつの頃からか

御殿だけを飾るようになりました。

和室の床の間も良かったけれど、この箪笥の上の雰囲気がいいねえ・・・









c0013922_13424871.jpg






c0013922_13425795.jpg





c0013922_13430915.jpg

全部は飾れないけれど

お嫁入り道具のいくつかは

壁の棚の上に飾ってみました。

箪笥や鏡台・・本当に良くできてるんですよね・・

右大臣と左大臣は飾るスペース無くて・・ごめん



c0013922_13431784.jpg

今度はいつ飾れるか判らないから

いろいろな方向から撮っておこう・・



カナダからのお客様も

「こういうお雛様(御殿)は初めてみた」と喜んでくれました。

私が生まれた時の御殿だから築ん十年だって言ったら驚いてました(笑)

飾ってよかった~♪



こうしてみると・・いいもんだね、やっぱり。

宝物だね、やっぱり。

いつ飾れるかわからないって書いたけれど

これからもできるだけ飾っていこうね。

仕舞いっ放しじゃ勿体無いね。









[PR]
トラックバックURL : http://dankami.exblog.jp/tb/26498075
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dansantokamisan | 2017-03-13 17:17 | きょうも元気で | Trackback