カフェ ラビラント Cafe La Vie Lente そして「ももふくふく」と「スケッチイン」



「こつこつ豆と器」さんで

楽しくてエネルギーがいただけた沢山の話題・・

あれもこれも・・を、披露するつもりはないけれど

話が特に弾んだのが「カフェ談義」です

さすがカフェをオープンしただけあって、素敵なカフェを沢山御存知です


しかもしかも、私たちが大好きな、

あんなカフェこんなカフェを良く御存知♪

聞いていて嬉しくなってしまいました。

繋がってるんだな・・素敵な人と人。カフェとカフェ。


というわけで、こつこつさんで話題に出た

素敵なカフェに、続けて行ってしまいました。

珍しくカフェのハシゴです(^^)



蔵の街、須坂の

「ラビラント La Vie Lente」
・・・・・・・・・・・・・・・・・



須坂は近年、とても魅力のある街つくりをしています。


もともと、蔵や古民家が多く残されている街ですが

以前はそれがうまく生かされていない気がして、ちょっと勿体無いと思っていました。

それが、最近になって

とても魅力的に再生されて美しい街並みになっています。


これを書いている、まさに今朝、ニュースで

京都の京町屋が次々壊されて空き地やマンションになっているという話。

ああ・・なんて勿体無い!!!日本の宝物がなくなる・・


須坂は、今、信州の、日本の宝物を再生しようとしています。


あ・・話は逸れ気味ですが・・今日の記事は「ラビラント」です(笑)





c0013922_08553843.jpg


「ラビラント」も

そんな古くて新しい、趣のある街を彩っているカフェです。

駐車場は

カフェのすぐそばの
遠藤酒造さんの向い側にある共同駐車場

そこに「ゲストハウス蔵」の看板が有るので、そこに停めます。


ゲストハウス蔵?・・

そうです。

カフェラビラントは、

知る人ぞ知る須坂のゲストハウス「蔵」の一角にあるカフェです。


上の画像、みてください!

これが「蔵」です。

そしてこれが「ラビラント」です。





あ・・・その前に・・

ラビラントに伺う前に、同じ並びにあるパン屋さんに寄りました。

(なかなかラビラントの記事に辿りつかない(^^ゞ)

パン屋さんの名前は・・「ももふくふく」さん





c0013922_08575476.jpg



ここも実は

「こつこつ 豆と器」さんから教えてもらったパン屋さん

駐車場も、ゲストハウス蔵さんと同じ駐車場内にあります。

11時から5時まで。

しかも定休日が日曜と月曜。

きょうが土曜日なのは、なんとラッキー!

寄らないでなるもんですか!パン好きのダンカミとしては!^m^

c0013922_08580000.jpg

このパン屋さんも素敵でしょう

よくぞ、こういう建物をお店として大事に利用してくれました。
c0013922_09000142.jpg


須坂は、こういう建物が、わざとじゃなくで

普通の街の中に当たり前のように点在してます。


ももふくふくさん

店内は小さくて、広めの土間がお店になってる感じ

ガラス越しに厨房が見えて、こねてる途中のパンが見えます♪

お二人で営んでらっしゃるのかな。

初めて入ったのと、小さな店なのとで、

カメラパチパチもなんか憚られ

店内撮れずm(__)m今度行ったらお断りして

リベンジ撮りします!
c0013922_09001274.jpg

ももふくふくさんで買ったパン♪

優しい味で

このあと、もう一軒行ったパン屋さんのものと一緒に

ペロッといただいちゃいました^m^




で、やっとラビラントに入ります(笑)



入り口はこんな♪





c0013922_08554566.jpg

ふふ・・いいよね~~♪

ここはゲストハウス蔵と、カフェラビラントと

その奥の雑貨屋さん「スケッチイン」への共通の入り口。

なんか、こういう頭を低くして腰をかがめて入る木戸って

わけもなく嬉しくてニヤニヤしません?

私だけ?^m^

頭、打たないでね。



c0013922_08555020.jpg



c0013922_08555524.jpg

木戸を入ってすぐ右側がラビラントさん

ガラガラとガラス戸を開けると

通りから見えた洒落たカフェが目の前に。



c0013922_08560733.jpg

そして

品の良いマダムがにこやかに迎えてくれました。

奥には女性のお客さんが一人、

背中を向ける形で座っていましたが

私たちに気さくに会釈してくれました。



マダムに「こつこつさんの紹介で来たんですよ~」って言ったら

わぁ~っ♪♪って、満面の笑みで喜んでくださって(^^)


c0013922_08561346.jpg

開店したばかりで店内が暖まっていないから、

その間に

「奥の雑貨屋さんも素敵だから

是非、見てくださいね」
・・って

私たちをわざわざ、案内してくれました。

わ、嬉しいな。気にはなっていたのだけれど

奥まっててちょっとどうしようかな・・って思っていたの。


で、まずは雑貨屋さん「スケッチイン・ハイク」さんへ。

またまたラビラントさんの記事は、もうちょっと後です(笑)



c0013922_08562319.jpg

この路地、素敵ね~~~~

なんて雰囲気のあるところなんだろう!


c0013922_08562950.jpg

この蔵・・これが雑貨屋さんなんですよ!

もう、たまりませんね。


c0013922_08563570.jpg

蔵の中は、ほら、こんなに洗練されたギャラリー

若いお母さんが小さな女の子と一緒にお店をしてます。

(女の子がお手伝いしてたから、一緒にやってる・・で、いいですね^m^)

素敵なキッチン道具や雑貨がたくさんあって、見るだけでも楽しい。


見るだけでも楽しいんだけど・・コーヒーマグ、買っちゃいました(笑)


「こつこつさんで紹介されて、ラビラントさんに来て

ラビラントさんに紹介されて、こちらに来ました」って言ったら


「あら!じゃあ、次にうちがどこかを紹介しなくちゃ」って(笑)

スケッチインを出て

やっと、今度こそ「ラビラント」です^m^




c0013922_08564086.jpg



c0013922_08564835.jpg
このカフェの名物は「タルトタタン」

そのお菓子に合う、極上のコーヒーとのセットをお願いしました。

c0013922_08565913.jpg

さきほど、私達より先に来ていたお客さんが

親しくお話してくれて、楽しい時間が、より楽しくなりました。

常連さんだとばかり思っていたら、初めてなんですって。

マダムの古くからのお知り合いとかで、マダムかこのカフェを開店してからやっと来られたって。


c0013922_08565406.jpg

そ、マダムは昔からカフェをしているのではないのです。

カフェがしたくてしたくて・・でも別なお仕事をしてて・・

それが念願かなって・・

あ、そういうお話は直接伺ってくださいね。


でもマダムとお話させていただく中で

「夢は叶いますよ」とイキイキと嬉しそうに仰っていたのが印象的で素敵でした。

c0013922_08570444.jpg

なんだか、ここでも

心が休まる癒しの時間と

直球で心に届いたパワーと・・

その両方をいただきました。




c0013922_08571093.jpg




c0013922_08571560.jpg

マダムの作ったタルトタタン

てまひま掛けて作った逸品♪

深煎りの新鮮な珈琲と、とても良く合います。


c0013922_08572021.jpg

美味しいものをいただきながら

マダムといろいろお話させていただきましたね。楽しかった!

時間になってお店を出る時も「今日は嬉しかった」と言ってくださって。

見送っていただいた時に

マダムが、ふと思い出したように

「あ、奥(ゲストハウス蔵)も見ていただけば良かった!」って

言ってくださったので

「またきっと来ますから。その時のために楽しみはとって置きますね」と言って別れました。


なんだか今日は

私たちも、とてもとても楽しい一日になりました。

楽しんだだけじゃなくて、とっても勇気とパワーをいただいた

そんな日になりました。

ありがとう。

また伺わせてくださいね。





c0013922_08572506.jpg



c0013922_08573046.jpg





Cafe La Vie Lente(カフェ ラビラント)

〒382-0086 長野県須坂市本上町39
(ゲストハウス蔵(Guest House KURA)内)
090-4461-4961
営業時間:12:00~16:00
定休日:月・火



〒 382-0086 長野県須坂市須坂 39 奥
電話/FAX 026-285-0113

営業時間 11am- 16:30pm
定休日 月・火曜、日曜不定



ももふくふく
住所
長野県須坂市大字須坂35-イ
営業時間 11:00〜17:00
定休日 日曜日・月曜日





[PR]
トラックバックURL : http://dankami.exblog.jp/tb/25337559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dansantokamisan | 2016-02-24 19:38 | そとごはん・そとカフェ | Trackback