土曜日はイタリアン 「やっぱり好き!」


c0013922_21511315.jpg

ダンさんに

「ランチに行きたいのだけれど、どこがいい?」って聞いたら

「ひさしぶりに土イタに行きたいなあ」って。

おお!私もそう思っていた(ほんとに!)

土イタのopenは11時半だけれど、ギリギリに行ったら

週末は絶対に一巡目には入れない(笑)

少しでも早く着きたいので、高速を飛ばして行く事に(笑)


本日のランチは
「土曜日はイタリアン」





もう何度行ったか判らないし

何度HPやブログに記事を書いたか判らない。


ダンカミのお気に入りのランチ処・・と言ったら

真っ先に「土イタ」が頭をよぎる方も多いかも?^m^

はい、そうかも(笑)

きょうは、久しぶりに行って改めてそう思った、

美味しくて楽しい土曜日・・


まさに「土曜日はイタリアン」^m^





c0013922_21512266.jpg


「土曜日はイタリアン」

木島平村の、こんな美しい景色が見られるところに

その小さなレストランはある。


c0013922_21531689.jpg

あまり広くない

しかもほぼ行き止まりの場所にあるのに

いつ行っても、開店前から車が何台も停まり、

店のドアの前には、

開店を待つお客さんが列をなし、

あるいは周囲に群がって開店を待つ光景が当たり前のお店。


c0013922_21532201.jpg

並んだり、長く待ったりが、あまり得意でないダンカミ・・

根性なしですから(笑)

でも、ここは並ぶのを覚悟してでも来たい、大好きなお店なのだ。


お店のエントランスや周囲の雰囲気も好きで

その中で待っていても、退屈しない・・それも

土イタの魅力でもある。



c0013922_21532883.jpg



高速を飛ばして、開店の45分くらい前に到着。


すると・・

あれ?

車が一台しかない!

(まさか、休み・・のわけないよね・・以前、
こんな事があったから

いえ、やってる!

やった~~っ!二番のり!!

もしかして

ダンカミ史上、最高の順位じゃない?(笑)

(過去記事を全部読んでないから、断言はできないけど(^_^;))




c0013922_21533373.jpg

だが、へそ曲がりの私たちは

あまり人が少ないのも拍子抜けだったり、

却って心配になったり・・

「土イタ、繁盛してるんだろうねぇ・・」

いやいや

とんでもない余計なお世話だった。


すぐ後から車が来たかと思うと

次は県外からの女性ライダーグループや

家族連れなど・・次々・・

ダンさん

こっそり数えてみて

「この後来る人は、

第一陣には間に合わないから当分待つことになるな」と(笑)


c0013922_21534708.jpg

c0013922_21535442.jpg

でも、本当にその通り。

後からの話だけれど

私たちが席に着いてからも

何組もの客が満席で諦めて帰ったり

時間を置いて出直すと言って去っていったり・・


土イタの人気は、相変わらず健在も健在。

なんか無性に嬉しくなる。

c0013922_21540124.jpg


空、青い!
c0013922_21540733.jpg

11時半近くになると

お店のスタッフが


到着した順番に名前と人数を聞いてメモしていく。

みんな、ちゃんと着た順に申請している・・

誰も横入りやごまかしをしようとする人、無し。

当たり前の事だが、いろいろな人のいるご時世・・


土イタの客は、いつ来ても礼儀正しくて真面目・・気持いい。


c0013922_21541343.jpg

11時半

ドアが開いて、ドッと・・

いえいえ、呼ばれた順に入って、案内されたテーブルに着く。


c0013922_21542096.jpg

お店の中の様子などは

今まで散々書かせていただいたので省略^m^


c0013922_21543856.jpg

カウンターの中には、

懐かしいマスターとシェフである奥様の姿が♪

「お久しぶりです」と言って席に着く。


今回は薪ストーブの一番近くの席♪嬉しいな。
c0013922_21544897.jpg


前回来たのがいつだったか

忘れてしまったくらい久しぶりの土イタ。


なのに、なにも変わっていない。

外観の・・シンボルツリーが少し成長したかな

外壁のツタが生長したかな・・そのくらい。

好きなエントランスも、内装も

マスターたちの暖かいもてなしも

気持ちが安らぐ雰囲気も・・みんな同じ


ちっとも変わってない。
c0013922_21545657.jpg

メニューだってそう。

きっと多少の変化はあるのかもしれないけれど

なんせ豊富なメニューだから、どれが加わったか消えたかも定かでない(笑)

でも、私達の好きな定番メニューは健在だし、

どれを食べても間違いなくおいしいだろうと思わせるのも、昔と一緒。


c0013922_21550648.jpg

マスターが満席のお店で忙しく動き回りながらも

私達のテーブルにきて

「元気そうで~♪顔色、いい♪」と言ってくれる。

「マスターも!」

「この分だとあと50年は生きるね」

「やだ~っ、そんなには遠慮するよ」


ポンポンっという会話も同じ。

いや、それは前以上かな(笑)


マスターは私達のHPも私のサバイバーとしての生活も知ってる。

マスター自身も、こういう付き合いが始まってから

大きな病気をして乗り越えて
土イタ」に帰って来て今がある。

だから、お互い「元気でいる」ことが何より幸せか知ってる者どうし。


私たちを本名でなく

「ダンカミさん」と呼んでくれるマスターに会うこと。

奥様が作ってくれるお料理と同じくらい

土イタに来る楽しみのひとつでもある。

「ダンさんに感謝しなさいよ~」

「マスターも奥様に感謝しなさいよ~」





c0013922_21551444.jpg

最初に頼んだサラダとソフトドリンクのセット

この大盛サラダと飲み物(orデザート)で500円。

土イタにきたら、絶対に注文しないと(笑)

でも・・本当は本当は

600円で注文できるサラダ前菜とワインのセットのほうが

もっと、おススメ。

いつもは、私だけがワインのセットを

当たり前のように注文するのだけれど

きょうはダンさんに遠慮して、飲まなかった(えらい~~^m^)



c0013922_21552284.jpg

まずは・・

プレーンピザ。

あまりにプレーンで

え?っと思う人もいるかもしれないけれど

食べてみて欲しい。

生地と、チーズのおいしさが、プレーンだからこそ際立って逸品。


c0013922_21553017.jpg

このお皿♪

懐かしいねって、顔を見合わせた。

土イタに来られたなあ・・って実感^m^

パスタ・・いえ、土イタでは昔ながらの「スパゲティ」と呼ぶ。

サーモンとアスパラガスの生クリームソース



前にも書いたけれど

ダンさんは生クリームやホワイトソース系のパスタが苦手だったけれど

土イタで食べて、その美味しさのお陰で食べられるようになった^m^

土イタに感謝。

c0013922_21553816.jpg

もう一品は

唐辛子とニンニクの

トマトベースのスパゲティソース
c0013922_21554729.jpg

ぴりっと辛くて、意外にサッパリしてこれも美味しい。

両方を二人でシェアして食べたのだけれど

まろやかなホワイトソースのスパゲティとの組み合わせが絶妙♪

満腹になりながら、ペロッといただいてしまった。


c0013922_21555474.jpg


食後の珈琲は木の器で。

「これ、木よね?」ってマスターに聞いたら

「はい・・かじってみます?」って(爆)

マスター!絶好調(笑)
c0013922_21560247.jpg

珈琲もおいしかった。

最近、珈琲にうるさいダンさんも「おいしい」って♪


大満足で土イタを出る。

厨房で大忙しの奥様にも声を掛けて・・

「その節は(
うちの猫達の絵を)ありがとうございました~」って。

にこやかに「いえいえ、こちらこそ~」って応えてくださる奥様も

全然変わらなかった。

今はコタが天国に行ってしまって、尚更、宝物になっている。

あらためて、ありがとう。


やっぱり好き。土イタ。

今度はいつかのように
真冬の土イタに来ようと思う・・

あ、その前に
晩秋の土イタかな。











[PR]
トラックバックURL : http://dankami.exblog.jp/tb/24766465
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dansantokamisan | 2015-10-04 15:55 | そとごはん・そとカフェ | Trackback