穀蔵(こくぞう)

友人が「カミさんがきっと気に入るなと思ったのよ」

と教えてくれたパン屋さん。

c0013922_15121011.jpg


c0013922_14560055.jpg



道が狭いよとは聞いてはいたけど・・それでも・・狭っ!

距離的にはそう長くないけど、どうか対向車が来ませんように・・

でも・・こういう道の先にあるカフェって・・好きかも^m^

(道の狭さが画像じゃ伝わってない・・未熟者~)




c0013922_14584525.jpg

c0013922_14585353.jpg

道は狭いけれど、一軒一軒の農家(?)の敷地も入り口も広い

あ・・そうです

この農家?がきょうの目的地である「穀蔵」です

良く見ると薪が積んである納屋あたりに「穀蔵」の文字が。



c0013922_14590098.jpg


c0013922_14592073.jpg

駐車場は建物の前の敷地。

車を降りて、建物全体を見ると、なかなか素敵

昔の農家そのままの風情です

玄関に大きな暖簾

パン屋さんとは思えない雰囲気だけれど・・

最近いろいろなパン屋さんに行っているので

こんなお店が好きなのよね・・と

ビックリ・・というよりも、ニヤニヤ・・って感じ^m^


c0013922_14592810.jpg


このパン屋さんはランチもしているし、イートインもできると

友人に聞いていました

でも、きょうはランチも既に済ませてしまって、お腹は空いていないので

パンだけ買って帰ろうかなあ・・・


と思ったのですが・・・


c0013922_14593408.jpg

c0013922_14594307.jpg


お店に一歩入って、その駄菓子屋さんムードの店内と

その横の

長い暖簾で仕切られていても、

その下から垣間見えた座敷空間の

雰囲気のよさに

このまま、座敷に上がらずに帰ってしまったら勿体無い!と

気がついたら珈琲を注文して上がりこんでいました(笑)


c0013922_14595081.jpg

c0013922_15000141.jpg


本当に本当に古い・・・築・・どのくらいの建物でしょう

移築した・・という今流行のものではなくて

もうずっと昔からここにあったものだと思います。




c0013922_15003223.jpg


畳が・・・へりの無い畳が・・

ところどころ、ミシッって凹むのです。

床下の根太が緩んでいるのだと思います。

補強が必要かも・・・と思いつつも

何かこの古さが懐かしくて、凹んだ畳を踏みながら、顔がほころびます。


c0013922_15002165.jpg

二階への階段も急で・・

二階というより、お蚕小屋になっていたのでしょうか

上がれるのかな?と思ったのですが

聞きそびれました・・また次回(^^ゞ


きょうは二階まで行かなくても

この一階の空間だけでもジュウブンに楽しめます

昔のうちって、こんなだったよね・・

廊下があって、続き座敷があって・・


c0013922_15001420.jpg

c0013922_15004362.jpg


珈琲を飲みながら、

やはり視線は天井や畳や漆喰の壁や重厚な柱に行ってしまいます

昔、子供の頃は、こういう作り、好きじゃなかったっけ・・

自分の家がこういう日本家屋だったなあ

なんか古臭くて不便で。

洋風の家に憧れたものだわ

いつ頃からだろう

こういう昔の作りの普通の古民家が、

いかにも洒落ててカフェに向いてる・・っていう事になったのは。

そして、いつ頃からだろう

私もこういう昔嫌いだったものを

好きになったのは。

横浜の家が昔のままだったとしたら

今頃「古民家カフェ」をやっていたりして・・なんちゃって^m^

c0013922_15005105.jpg


国産のオーガニックの粉を使った酵母パンを買って帰ります

帰りにワインとハムとチーズを買って、今夜はプチワインパーティーです


c0013922_15010108.jpg

〒386-0003
上田市上野2338   
0268-21-8000
営業時間     11時~18時
定休日   火~木曜


[PR]
トラックバックURL : http://dankami.exblog.jp/tb/23028039
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dansantokamisan | 2014-11-12 20:42 | そとごはん・そとカフェ | Trackback