だぁーちゃ

c0013922_7432033.jpg



「だぁーちゃ」の名前を知ったのは

今からもう少し前のこと

友人から素敵なカフェがありますよ

ダンカミさんはきっと気に入りますよ・・と

でも、その時には、近くまで行ったけれど

カフェは見つからず そのままになって・・

先日、YUSHICAFEでyushiさんと雑談したときに

ひさしぶりに「だぁーちゃ」の名前を聞いたのです

今度こそ、捜してみようか・・と行ってきました

自家焙煎珈琲とジャスの店 だぁーちゃ



c0013922_7453838.jpg


「この辺りのはずなんだけどなあ・・

何度もここを通ってるんだけど・・」

でも、ナビに住所を入れて探してもやっぱりこの辺のはず・・

ゆっくり辺りを見渡すと・・ありました

なんとも隠れ家的な佇まい・・

それだけで、もうウキウキ感が始まります。



c0013922_74639100.jpg


ダンさんがどんどん、階段を下りて、お店の入り口に向かっていますが

「ちょっと待って・・・この看板、撮りたい!」と心で思いながら

急いでパチパチ撮って、慌てて後から着いて行きます。

この自然木を使った看板・・大好き♪


このエントランスもいいなぁ

高さといい、奥の壁までの距離といい

洞窟のように曲がった先の見えにくさといい

このアーチ型にくりぬかれた壁の向こうに

どんな空間が広がっているのか

嫌でも期待感が増すような、絶妙な設計だと思いません?

c0013922_7483091.jpg



靴を脱いであがるのですが

その靴を脱ぐ「間」がいい

この時点で、まだお店の人が

出てきていないので<

自分だけで、

外とCAFEとの切り替えのできる・・

「間」を

知らずに作ることができます


c0013922_7483717.jpg




ガラスのドアを開けると、まずは、ママさん

(と勝手に呼ばせていただきます)が

明るい声と満面の笑顔で迎えてくれました。

運がいいことに

他にお客さんの姿がなく、今のところ、私たちの貸切♪

お好きな所に・・と言われて

   
中でマスターがお仕事をしているカウンター席に・・と思ったのだけれど


初めての訪問で、なんとなく遠慮しちゃって

一番奥の薪ストーブのある角の席に座らせてもらいました。

c0013922_7484395.jpg



一番奥と言っても

このCAFEは

カウンターのほかには

この居心地の良さそうなテーブルが二つだけ。


c0013922_7484942.jpg




そう・・

CAFEというよりも、居心地のいい

センスのいいリビング・・

上質の珈琲の香りと上質のジャズの音が

五感を静かに刺激します

c0013922_7485533.jpg



いいなあ・・・

ダンさんがつぶやきます。


ママさんが席に来て、気さくに明るく話しかけてくれました。

わ・・なんかこのママさんの雰囲気、いいなあ♪

ホッとします

少しお話してたら、ママさん

「初めてお会いした気がしません」って。

うまいなあ~^m^

でも、悪い気しませんよね~(笑)

ママさんのお人柄の良さにすっかりリラックスして

まるで常連さんになった気分です^m^

c0013922_749051.jpg



真空管アンプのスゴクいい音。

レコードは・・名盤ばかり

60年前のレコードを掛けてくれて・・

勿論ジャズ


リクエストしてくださればと言われたけれど

マスターの選曲にお任せして至福の時間




マスターは、ママさんとは対照的に寡黙な方です・・

と、最初は思ったのですが、

お話していると寡黙・・というイメージとは違うような・・

物静かですが、

時折、私たちのお喋りに交じって仰るお言葉がユニークで楽しい。

それに、珈琲の拘りと言ったら、もう半端ではなく感動もので

そのお話をしていただくと、

身体中から、思いが言葉になってあふれてくる感じ

これは、カウンターに席を移して、

マスターとお喋りしたダンさんの感想です♪)

c0013922_749770.jpg




こうして、厳選して購入した豆を

更に手によって振るいにかけ(ハンドピックといいます)

マスターの納得した豆だけを焙煎するのです。


その作業は匠の技です

c0013922_7491342.jpg




マスターが自家焙煎して

淹れてくれた珈琲が

とっても美味しかったのは勿論のこと

珈琲カップも

拘りの珈琲に相応しいものです。

これだけ拘って拘って淹れた珈琲と

バランスが取れる器を・・と

考えているんですよ

ママさんがそう言いました。

ほんと、そうですね。


c0013922_7491944.jpg
c0013922_7492645.jpg


だいぶ飲んでしまってから慌てて撮りました(^^ゞ



そう・・

この居心地のいいリビングの

どこを見ても

訪れる人が、美味しい珈琲を飲みながら

素敵なジャズを聴きながら

リラックスできるような空間作りがされています。


さりげなく飾られた小物も、位置も

拘りが感じられます。


c0013922_7493636.jpg






素敵な小物に目を惹かれて・・

ん?猫の存在を感じる^m^

「もしかして、猫を飼ってます?」

やっぱり(笑)

お店には登場しないそうですが

愛猫さんの話で盛り上がりました♪

c0013922_749334.jpg




マスターとダンさんが

熱心に珈琲談義

いえ、談義というのはオコガマシイ。

マスターから、


珈琲の講義を拝聴しています。

ダンさん、すごく嬉しそう

頭の中は

きっと、マスターのお話を

メモメモしていたことでしょう


c0013922_7501759.jpg


焙煎前の珈琲豆を譲ってもらって

ダンさん、早速うちで焙煎したんですよ^m^)


c0013922_7502748.jpg



マスターとダンさんが、二人でお喋りしているのが

とっても素敵で、思わず撮らせてもらいました。

その間、私は、ママさんと、これまた楽しいお喋り。

お店の拘りや、細やかな心遣いをさりげなく明るくお話されて

なんだか嬉しかったなあ・・

マスターとママさんって、本当に素敵な組み合わせ・・いい御夫婦です

だぁーちゃの全てが素敵だけど

一番魅力的なのは、このお二人の存在です。絶対確かです。

私たちが長居させてもらっている間にも

一組のご夫婦がいらして、静かに珈琲を楽しんでらっしゃいました。

変なお客がウロウロとしてお喋りしてて、煩くてゴメンナサイ

とても居心地良くて、

友人の家に遊びに来たかのように振舞ってしまいました。




この後も、常連さんらしいご夫婦がいらして

その御夫婦とは、ママさんも交えて猫談義(笑)

それぞれの我が家の猫自慢の「親ばか談義」です

なんだか嬉しいですね。

初めてお会いした方とのこうした時間

だぁーちゃさん、ありがとう

                  (再訪の記事はこちら

c0013922_7494029.jpg


とてもとても、幸せな気持ちを頂いて、

そろそろ帰ります。

いい時間を過ごせました。

本当にありがとう・・ごちそうさまでした。



自家焙煎珈琲&ジャズ だぁーちゃ

〒389-0115
長野県北佐久郡軽井沢町追分 1441-7

0267-45-3951


オマケ

だぁーちゃの駐車場のそばで

無農薬の野菜を売ってる方がいたので

ちょっと覗いてみました。

完全無農薬のお野菜、形や大きさは様々だったけれど

安心と、売ってるかたの人柄と、

傍にいたお客さん(常連さん?)の売り込み(笑)で



いろいろ買いました^m^

(みんな美味しかったよ)

撮ってブログに載せていいですか?って聞いたら

快諾してくださって・・

c0013922_7503721.jpg



一枚撮った後、「あ、どうせなら、トマトかなんかを持ったほうがいいかな」って

自らプロデュースしてくれて、撮り直し(笑)
いい画像が撮れましたよ♪

一応暈すのがお約束なんで、僅かに暈しましたが、笑顔が判りますよね(^^)
c0013922_7504671.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://dankami.exblog.jp/tb/22534607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dansantokamisan | 2014-09-09 08:56 | そとごはん・そとカフェ | Trackback