ひとりごと・・「読書」

私が宮部みゆき のファンだって事は時々ビタミンで書いてます。

昔から泡坂妻夫が好きだけれど、その読後感というか・・

琴線の触れ具合がなんか似てると・・前々から思ってる。

あ、宮部みゆきさんも泡坂妻夫(あわさかつまお)さんも、ミステリー作家さんの名前です。

知ってる人には当たり前に知ってる有名人でも、

興味のジャンルが違って知らない人だってたくさんいるはずですからね~

(ひとりごとなんだから説明はいらないはずか(^_^;))



先日、文庫本で買った「楽園」上下巻、読み終わって、やっぱり宮部みゆきはいいなっと。

読み始めたばかりのとき

そうだ、娘にこの本持ってるから読んだら貸してあげようかと言ってみよう。

彼女も宮部みゆきのファンで、以前も彼女に「ソロモンの偽証」を貸したし

だけど、もしかしたら、もう読んでるかな?

そう思ったら・・案の定、もう既に持っていた。

最近は専ら図書館で借りて読む彼女だから、

持っているという事はかなり前に買って読んだのだろう。

私はまだ、読み始めたばかりだったけれど

彼女は「あ、それ「模倣犯」の前畑さんの出てくるヤツね」と言った。

前畑さん・・・この小説の主人公のフリーライターだ・・

だいぶ前に読んだはずなのによく名前覚えてるなあ・・と、ちょっと感心する。


宮部みゆきさんの作品で読みたいのがあるんだけどね。

誰か」と「名も無き毒」との三部作なんだけど・・と娘が言う。

あ、そう・・最近私も検索して、読んでみたいと思ったんだ・・

なんていう題名だっけ?・・私が頭の中の記憶の引き出しをかき回してると

ペテロの葬列」っていうんだけど。

と娘がポンと答えを投げてくれた。

そうそう!それよ!

「図書館で予約が100人待ち」と娘が笑う。

でしょうね~

ソロモンの偽証」の時も、そんな事言ってたね。

結局私が買ったほうが早くて

図書館の順番を待たないで済んだのだけど。


ペテロの葬列」もウチが買っちゃうかもね、きっと。


そして、さっき「楽園」を読み終わり・・

私はきっと、このあと「模倣犯」をもう一度読むと思う。

模倣犯の中で前畑さんが何をしたか、あんまり憶えてない。

すごく面白くて一気に読んだ記憶はあるけれど

内容を覚えていない(^_^;)

私の特技なんです、本や映画のストーリーを短期間で忘れられるの。
(人はそれを特技とは認めてくれない)

だからミステリーなども、何度読んでも同じところで仰天できるし

何度も感動できるの(笑)

模倣犯・・また読んで、楽園の前畑さんと繋げなくちゃ。


きっと、今度買うだろう「ペテロの葬列」を読んだら

誰か」「名も無き毒」も再読するだろうね。


ちなみに宮部みゆきさんじゃないけど

以前、ニュースで原発の話題が出る度に、もぞもぞと

書斎に行って「原子炉の蟹」を探し出してきて読んで

ダンさんに「また?」と笑われていたっけ。

福島原発以前の話だけど。


それに

日常会話の中で手品の話題が出ると
またまた書斎に行って「11枚のトランプ」を出してきて読んだり(^_^;)

競馬には興味ないけれど
名馬の話しになると、またまたゴソゴソと「焦げ茶色のパステル」読んだり・・


何度読んでも新鮮な感動があるのよね・・私って、お得だと思うわ。

高校野球の話になると

パーフェクトブルー」とかね・・



あ、いつの間にか

また宮部みゆきさんに戻ったところでこの辺でm(__)m

[PR]
トラックバックURL : http://dankami.exblog.jp/tb/21685504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dansantokamisan | 2014-02-17 17:55 | とりとめない話 | Trackback