好きなタイプ

父の納骨も済んで、

まだやらなくてはならない事はいろいろあるものの

母も父の長い入院生活の間に「一人暮らし」に慣れてくれたようで

思ったよりも元気なのが何より助かる。


父は晩年、母を困らせて、私も随分悩んだこともあるけれど

それもいつかは思い出話になるような気がする



母と会話していて

昔の俳優さんの話になることがある。

母とは昔から友達同志みたいな間柄だったから

お互いに好きなタレントの話など、よくしていた。


つい先日も、そんな話になった。

母が昔から好きだった俳優さん達の名前を私が挙げる

母も「そうだったね、うん、好きだった」

とか

「それに、ほら、あの俳優さんも好きだった、今、どうしてるかね」と

頭の中ではきっと

その俳優さんたちの顔が浮かんでいるのだろう。

私もその人たちの若かりし頃の顔を思い出しながら

ふと

昔から思っていた事を、初めて口に出してみた。


「おかあさん、気が付いてた?」

「何を?」

「おかあさんが好きだった俳優さん達の顔、

どことなく誰かに似てると思わない?」

「??」

「おとうさん」

「ええ~~っ!(@_@)  そうかなあ・・・(-_-;)」

正直、

「冗談でしょ、やめてよね」という否定の響き(笑)

ま、苦労させられたからね。


「そうよ、良く考えてご覧、みんな、おとうさんとどことなくタイプが似てるよ」

「・・・・・・・」


なんだかんだと言っても、それが真理なんじゃない?って

思ったけれど否定されそうだから言わなかった(笑)

まあね、母の心理、わからないでもないしね




ダンさんに

その話をした。

「ね、おかしいでしょう~」って。

「結局、父は・・まぁ、あんな父だし、いろいろあったけれど

結局母にとっては、好きなタイプだったんじゃないのかな」 


いかにも判ってる風な顔で話す私に、ダンさんはポツリと言った。


「タレントの〇〇・・

年をとってからの顔がよくなって、好きな顔になったって

カミさん言ってるよね?」

「うん、そうよ。顔が良くなった。好き。」


「おとうさんに、ソックリだよ、あの顔、そう思わない?」


えええ~~~ッ!!!

う、うっそ~~・・・

冗談でしょ、やめてよね


でも・・そう言われれば・・・・でも~~(-_-;)

[PR]
トラックバックURL : http://dankami.exblog.jp/tb/18138192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dansantokamisan | 2012-06-23 11:43 | とりとめない話 | Trackback