小布施堂 「朱雀」

もう今更、小布施堂の「朱雀」の説明はいらないかも・・

もしも知らない方は 「ここ!」 をクリックして小布施堂のHPへ。

でも、もしかしたら「朱雀」の今年の提供は明日で終わってしまうので、明日以降は載らないかな?

だとしても「小布施堂」「朱雀」で検索すれば、たくさんのブログで紹介してあることに間違いないので

詳しいことは、そちらを見てくださいね。





ランチならともかく
スイーツ目当てで早起きするなんて考えられなかったけれど
ダンさんが、早起きして行ったほうがいいって・・調査の結果(^^ゞ

平日だからダイジョブじゃないの?って言ったんだけど

「いやいや、そりゃ、甘い」

「甘いのは、これから食べに行くスイーツだよん・・なんちゃって」

お馬鹿なこと言ってふざけたいたから・・・ってワケじゃないけど
私がグズグズしてて家を出るのが遅れ、
平日なんで通勤渋滞にも巻き込まれ・・
小布施に着いたのは、ダンさんの予定より30分ほど遅い9時15分

どうかなぁ・・駐車場に行く前に小布施の前を車で通ったら・・

「な~んだ、並んでなんか無いじゃん」

「え・・ほんとうだ・・楽勝だったね」

と、思ったのはほんの一瞬
c0013922_14412766.jpg



小布施堂の脇を見たら・・

わわ!なんじゃこれ!!

急いで駐車場(隣の信金と一緒の駐車場は使えず、
少し離れたところにある駐車場)に停めて
走る!


c0013922_21595489.jpg




お店のスタッフが外で整理券を渡しています。私達が渡されたのは・・
c0013922_14421612.jpg



109番と110番!
確か一日限定200だったはず・・あんなに早く来て既に100人以上も・・わぁ・・平日なのに・・
c0013922_14423091.jpg



まぁそれでも二人で喋りながら待っていればチョットずつでも順番は回ってきます。
c0013922_14424521.jpg


行列の前へ前へと進んで、やっとお店の売店の中まで入れました。
これからまだ順番を待たないといけません。
一番乗りで戴いた人が出てきて、満足そうに
「並ぶ甲斐がありますよ~♪」って・・

(来て良かった~~) 


その頃(10時前頃)、並び始めた人が「2時くらいになりますが・・」ってお店の人に言われ
「2時?午後の2時ですか~!?」って声をあげていました。

(早く来て良かった~・・・)





c0013922_14425861.jpg
c0013922_14431362.jpg

お店のショーケースの中には美味しそうなお菓子が・・
自分で買って食べるにはちょっと高級すぎるけど・・



並び始めてから1時間15分やっと順番が♪

通されたのは小さな個室風の3組ほど入れる小部屋。


隣のテーブルがちょうど食べ終わって空いていたのでパチリ。
食べ終わったお盆が一つだけだったのでお一人だったのでしょう。
そういえば、「朱雀」目的のお客さん、お一人(男性も)の人が意外に居てビックリでした。
c0013922_14432317.jpg





さてさて・・・・いよいよ「朱雀」の登場です。 



c0013922_14433917.jpg



携帯と比べて・・大きさがわかるかな?
c0013922_14435618.jpg



高さも・・・伝わるかな?
c0013922_1444137.jpg



箸が付いてるのは・・こうしてソーメンのようにしてもいいから?
でも、すごいでしょ。こうやって箸で取れるの・・小布施栗100パーセントです。
このほうが大きさが伝わるかな
c0013922_14442527.jpg



中心には甘さを抑えた栗餡がありました。
c0013922_14443823.jpg



う~~ん・・完食!
満足でした。ごちそう様でした。
c0013922_14444962.jpg
c0013922_14445854.jpg



オマケ話(カミさん流、独断と偏見の「正しい朱雀の食べ方」) 

 「朱雀」
全国的に有名になったらしく、全国から朱雀を求めて小布施で並んでいたのにはビックリ。

で、朱雀を満足して食べていただくために一口メモです(笑)

朱雀は、栗が原料ですし、見た目からも「モンブラン風」の味を想像するかもしれませんが

そうすると、ちょっとビックリするかも。


「朱雀」は中心の部分を除くと、100パーセント「栗」ですから
当たり前だけれど「栗」の味だけです。
甘さは無い・・というか、ほんのり栗の甘さだけです。

舌触りもネットリした餡ではなく、どちらかというと
ホッコリした「ふかし芋」の感じ?

だから、お茶も飲まずにこれだけ食べていると
途中で食べにくくなるかもしれません。

お抹茶や、お茶や、中心のほんのり甘い栗餡を朱雀と交互に戴き
朱雀の最後の一口を食べ終えたら、お茶を飲んで
あああ・・美味しかった・・と溜息をついてください。

来年はアナタ様も「朱雀」をいただく機会がありますように・・

[PR]
トラックバックURL : http://dankami.exblog.jp/tb/15310405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dansantokamisan | 2010-10-18 16:33 | そとごはん・そとカフェ | Trackback